上野洋平「成功するために必要な8つのこと」

by上野 洋平(理系屋 代表)

”途中で諦めなければ、人は何でも成し遂げられる”

”大切なのは、やりたいことよりできること”

など、人生をより良く生きるためのヒントになる古今東西の名言や格言を、8つの要素に分けてご紹介している『語録.com』。

8つの要素というのは、自分が好きなことをやりたいと思う『自己承認』と、他者に認められたいと思う『他者承認』、自分ならできると思う『自己効力感』、実現させたいことである『目的』、目的を実現させるために行う『行動』の5つの主要素と、自分が正しいと信じている『信念』、先天的資質や能力、性別などの『個人的要因』、自分を取り巻く状況である『環境的要因』になります。

今回は、8つの要素に分けた理由と併せて、成功する方法をご紹介します。

成功者の共通点とは?

人生の成功とは何でしょうか。

成功の定義は、人それぞれ、成功に至るまでのルートも人それぞれだと思います。ただ、1つだけ成功者に共通していることがあります。

それは、成功『した』ことです。たとえ失敗しても、成功するまで続けたことです。

参考記事:松下幸之助「成功とは成功するまで続けること」

参考記事:西野亮廣「失敗なんて世の中に存在しない」




成功するために重要なことは?

成功するために必要なことは、自分にとっての何が成功で、そのために何をすべきかを知ること。自分にとっての成功を考えるヒントは、何のために行動するか、だと思います。

心理学者マズローの欲求5段階説によると、人間の欲求は下記のように、低次から高次まで5つに分類できます。

(低次)
生理的欲求:
飢え、喉の乾き、睡眠、排泄、性の充足などといった人が生存するための基本的・本能的欲求

安全の欲求:
危険・脅迫から身を守りたい、生活を保障してもらいたいという欲求

社会的欲求:
自分の存在を他人に認められ、他人との関係を持ちたいという欲求

自我の欲求:
自尊心を持ち、他人から尊敬されたいという欲求

自己実現の欲求:
自分自身の持つ可能性を発揮し、目標(目的)となる理想的な水準に達したいという欲求
(高次)

これらを見ると、欲求は、行動のきっかけになるといえそうです。

また、欲求は、自分に関するもの(生理的欲求、安全の欲求、自己実現の欲求)と、他者に関するもの(社会的欲求、自我の欲求)とに分けることができそうです。

つまり、欲求は、「好き」や「興味がある」といった自分に関する欲求と、「他者のため」「他者から認めてもらいたい」という他者に関する欲求に大きく分けられ、それぞれを行動のきっかけと考えることができます(『語録.com』では、自分に関する欲求を自己承認、他者に関する欲求を他者承認としています)。

自己承認に関する記事(例):大谷翔平「ワクワクすることを毎日イメージする」

他者承認に関する記事(例):山里亮太「自分に求められているものをちゃんと認識して、そこの精度を上げる」

また、成功するために重要なことは、行動することです。行動に関して重要になるのは、行動しようとする意欲、行動するための能力、行動の方法、行動の目的、行動する環境、そして、行動を通して得られる価値観です(『語録.com』では、それぞれ、自己効力感、個人的要因、行動、目的、環境的要因、信念としています)。

自己効力感に関する記事(例):島田紳助「成功の秘訣は、70%の自信と30%の不安」

個人的要因に関する記事(例):藤原和博「複数のキャリアを極め、それらをかけ合わせることで、100万人に1人の存在になれる」

行動に関する記事(例):林修「たいした努力をしなくても勝てる場所で、誰よりも努力しなさい。ここなら勝てるって場所を1つ見つける。そうすることで、人生が一気に開ける」

目的に関する記事(例):ウォーレン・バフェット「成功するには、捨てること」

環境的要因に関する記事(例):中田敦彦「フィットする環境さえ見つかれば、どんな人も天才になれる」

信念に関する記事(例):本田宗一郎「成功者は、例え不運な事態に見舞われても、この試練を乗りこえたら、必ず成功すると考えている。そして、最後まで諦めなかった人間が成功しているのである」

そして、欲求を満たすことができれば、程度の差こそあれ、成功と呼べると思います。




成功のヒントは『語録.com』

成功するために重要なことは、自分にとっての成功が何で、そのために何をすべきかを知ること。つまり、目的と行動です。

ただ、どんな人でも、能力や考え方(信念)、置かれている環境は違うため、全く同じ状況からのスタートはありません。例えば、成功するためには、目標は必要という意見がある一方で、不要という意見もあるなど、要素ごとの発言はバラバラです。

参考記事:ジョン・クランボルツ「成功する人は、さまざまな出会いや偶然を前向きに楽しめる」

繰り返しになりますが、成功者の共通点は成功『した』こと。成功するためには、成功するまで行動することです。

お伝えしたいことは、何が正解の言葉で、何が不正解の言葉というのではなく、自分に合った言葉を見つけて、行動すること。行動のヒントになる言葉は、本サイトでご紹介していますので、自分に合う言葉を見つけて下さい。

参考記事:古川武士「成功の秘訣は、名著に共通する行動や習慣だけを愚直にやり続けること」

以前、少年ジャンプで「トリコ」という漫画が連載されていました。

未開の味を探し求める美食屋トリコが、人生のフルコースメニューを完成させる旅をする物語で、フルコースは、オードブル(前菜)、スープ、魚料理、肉料理、主菜(メイン)、サラダ、デザート、ドリンクの8つのメニューからなっています。

トリコが人生のフルコースを完成させるように、自己承認、他者承認、自己効力感、目的、行動、信念、個人的要因、環境的要因という、あなた自身の名言のフルコースを完成させてみてはいかがでしょうか。

実際に行動する中で上手くいかないことが出てきた場合、8つの要素のいずれかの考え方に問題があるケースがよくあります。そのような場合に、名言のフルコースという形であらかじめ可視化できていれば、問題のある要素を見つけやすくなると思います。

また、行動に移せても、正しい方向に進んでいるか不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、一流と言われている人でも、同じような悩みを抱えながら行動しているのです。

参考記事:イチロー「遠回りすることでしか、本当の自分に出会えない」

お悩みがある場合は、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事の悩み」(就活生や転職をお考えの方は「就職の悩み」「理系語録」)「お金の悩み」タグを参照頂ければ、参考になる言葉は見つかると思います。

行動しなければ、成功はありません。成功したいのなら、行動してください。そして、小さな成功体験を増やしてください。

小さな成功体験を繰り返せば、次の行動の源(自己効力感のストック)になりますし、大きな成功に繋がると思います。

参考記事:堀江貴文「やりたいことを見つけるには、色んなことをするしかない」




本ブログでご紹介している名言や格言は、成功するために必要な8つの要素に関するものです。

8つの要素とは、自分が好きなことをやりたいと思う『自己承認』、他者に認められたいと思う『他者承認』、自分ならできると思う『自己効力感』、実現させたい『目的』、目的を実現させるための『行動』、自分が正しいと信じている『信念』、先天的資質や能力、性別などの『個人的要因』、自分を取り巻く『環境的要因』のこと(【参考記事】語録.comとは?)。

“何をやっても上手くいかない” “毎日がつまらない” “やりたいことが見つからない” “どんな仕事に向いているかわからない” と感じるのは、あなたの考え方(信念)や目的を実現させる方法(行動)、自分を取り巻く状況(環境的要因)など、いずれかの要素に問題がある可能性がありますので、8つの要素に関する名言や格言を参考にしてみて下さい。

いずれかの要素で参考になる言葉が見つかれば、それが今のあなたにとって、必要な考え方になります。その言葉を取り入れることで、成功に近づくことが出来るでしょう。

なお、各要素は、ブログ記事のタグになっているので、要素ごとの名言や格言を簡単に参照することができます。

また、自分や人間関係、仕事、お金に関するお悩みをお持ちの方は、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事の悩み」(就活生や転職をお考えの方は「就職の悩み」)「お金の悩み」タグをご参照下さい。

あなたを、成功に導く言葉が見つかれば幸いです。




京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。理系採用に従事したことをきっかけに人材ビジネスを開始。以来、10年以上、一貫して理系に特化した就職、採用支援に携わる。理系のキャリアの魅力をより多くの人に知ってもらいたいとの想いから、理系屋(http://rikeiya.com/)を設立。理系学生の就職、採用支援に加え、中高生や保護者を対象に、理系に関するキャリア教育を行う。 【運営サイト】名言や格言によるキャリア支援サイト〜語録.com(http://career56.com/)、理系就活のプロが理系就活のお悩みを解決〜理系就活一問一答(http://rikeishukatsu-q-a.com/)、「数学は社会で、役に立つの?」を解説〜(https://ameblo.jp/rikeiya-com/)【関連書籍】「自分を活かす」進路を選ぶ! 最新理系就職ナビ(https://amzn.to/2FaJbj8)