橘玲「変化の激しい環境ほど、弱者にはチャンスがある」

by 橘 玲(作家)

弱者はまたパイオニア(開拓者)でもあります。環境がきびしく変化が予測不能なほど、ライバルが少ないからです。

パイオニアプランツという植物は、土が固く水や栄養分の足りない環境でも成長できます。パイオニアプランツが根を張ることで土は細かくなり、通気性や保水性が改善されます。また枯死した茎や葉は分解されて肥料になり、多くの昆虫や小生物が棲みついてだんだんとゆたかに土地になっていくのです。

しかし皮肉なことに、これによってちからのある植物が侵入してきて、競争に弱いパイオニアプランツは追い出されてしまいます。やがて緑に覆われ、生き物たちの楽園になった環境には、パイオニアプランツたちの暮らすニッチはありません。自然界では、誰も既得権を保護してくれないのです。

こうしてパイオニアプランツは、新たな未開の地(パイオニア)を求め、風に乗せてタネを飛ばすのです。

しかしこのことは、「変化の激しい環境ほど弱者にはチャンスがある」ということを示しています。

ビジネスの世界なら、無一文の若者たちが自分の才能だけを頼りにITビジネスに挑戦するのがその典型でしょう。鈍重な大企業はテクノロジーの急速な進歩に適応できないので、その間隙を縫って利益をあげる機会を見つけるのです。

Reference:「環境」に関する成功者の言葉

人生をよりよく生きるために必要なTサイクルの8つの要素。今回は、そのうちの1つ、個人を取り巻く状況(環境的要因)に関する名言をご紹介しました。





−−

”Things pass, and the best we can do is to let them really go away

ー Paulo Coelho ”
Top Photo By BK, on Flickr

京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。理系採用に従事したことをきっかけに人材ビジネスを開始。以来、10年以上、一貫して理系に特化した就職、採用支援に携わる。理系のキャリアの魅力をより多くの人に知ってもらいたいとの想いから、理系屋(http://rikeiya.com/)を設立。理系学生の就職、採用支援に加え、中高生や保護者を対象に、理系に関するキャリア教育を行う。 【運営サイト】名言や格言によるキャリア支援サイト〜語録.com(http://career56.com/)、理系就活のプロが理系就活のお悩みを解決〜理系就活一問一答(http://rikeishukatsu-q-a.com/)、「数学は社会で、役に立つの?」を解説〜(https://ameblo.jp/rikeiya-com/)【関連書籍】「自分を活かす」進路を選ぶ! 最新理系就職ナビ(https://amzn.to/2FaJbj8)