小林トシノリ「多くの経験をしなければ何が自分らしいのかだって分からない」

by 小林 トシノリ(フリーランサー)

転職会社さんなどもよくキャッチコピーに使う「自分らしい働き方」、もちろんそれができれば理想だけど、基本的にぼくはどうでも良いと思っています。

多くの経験をしなければ何が自分らしいのかだって分からないし、何が自由なのかも分かりません。

例えば高校生の時に好きだった異性と、社会に出てから好きになる異性は全然違うハズだし、なぜなら社会に出てからの方が情報量(経験)が圧倒的に多いからです。

Tモデル思考

この言葉をTモデル(関連記事:ゆう「人生は変えられる」)で考えると、以下のようになります。Tモデル(小林トシノリ)

経験を通して、自分の考え方や価値観、想いに気付くことができます。

Reference:ミラクリ





−−

”We choose to remain blind to what we don’t want to accept.

ー Karen Salmansohn
Top Photo By BK, on Flickr

京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。理系採用に従事したことをきっかけに人材ビジネスを開始。以来、10年以上、一貫して理系に特化した就職、採用支援に携わる。理系のキャリアの魅力をより多くの人に知ってもらいたいとの想いから、理系屋(http://rikeiya.com/)を設立。理系学生の就職、採用支援に加え、中高生や保護者を対象に、理系に関するキャリア教育を行う。 【運営サイト】名言や格言によるキャリア支援サイト〜語録.com(http://career56.com/)、理系就活のプロが理系就活のお悩みを解決〜理系就活一問一答(http://rikeishukatsu-q-a.com/)、「数学は社会で、役に立つの?」を解説〜(https://ameblo.jp/rikeiya-com/)【関連書籍】「自分を活かす」進路を選ぶ! 最新理系就職ナビ(https://amzn.to/2FaJbj8)