前田裕二「相手のいいところを見つけて好きになる」

by 前田 裕二(SHOWROOM 代表取締役社長)

前田さんが社長として重要視しているのが「仲間を増やすこと」。

SHOWROOMは「人が全て」だと前田さんは言います。ものづくりではなく、サービスを届けているため、スタッフの性格や思いやり、優しさなどが大事で、それだけに一人ひとり面接をおこなっているとか。そして、面接の際に前田さんが特に聞くのが「昔の話」です。なぜなら、過去に醸成された性格はなかなか変わらないというのが前田さんの考えで、昔の質問を引き延ばしていくと今も当てはまったりするそうです。

社内のスタッフだけでなく、一緒に何かやりたいと思っている外部の方との繋がりも大事だそうで、前田さんは自分に共感してくれる人を常に増やしているそうです。年齢や職種を問わず、さまざまな方から好かれているイメージのある前田さんだけに、たかみなも人脈の広げ方には興味津々。そのポイントについて聞いてみると、前田さんは相手のいいところを見つけて好きになるのがとにかく得意なんだとか。むしろ嫌いになることがほとんどないとのことでした。

Reference:SHOWROOM・前田裕二「アイデアを生む」ために大事にしていることは?

人生をよりよく生きるために必要なTサイクルの8つの要素。そのうちの3つ、「自己承認」「他者承認」「自己効力感」から、人の悩みは、大きく3つのカテゴリー、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事・お金の悩み」に分けることができます(参考記事:「人が悩む3つの要素」「人が悩む3つの要素#2」)。

例えば、「自己の悩み」とは、自分の能力や健康のこと、「人間関係の悩み」とは、教育や交友、子育てのこと、「仕事・お金の悩み」とは、キャリアや給与のこと。

今回は、「人間関係の悩み」に関する名言をご紹介しました。





−−

”Owning our story and loving ourselves through that process is the bravest thing we’ll ever do

ー Brené Brown
Top Photo By BK, on Flickr

京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。理系採用に従事したことをきっかけに人材ビジネスを開始。以来、10年以上、一貫して理系に特化した就職、採用支援に携わる。理系のキャリアの魅力をより多くの人に知ってもらいたいとの想いから、理系屋(http://rikeiya.com/)を設立。理系学生の就職、採用支援に加え、中高生や保護者を対象に、理系に関するキャリア教育を行う。 【運営サイト】名言や格言によるキャリア支援サイト〜語録.com(http://career56.com/)、理系就活のプロが理系就活のお悩みを解決〜理系就活一問一答(http://rikeishukatsu-q-a.com/)、「数学は社会で、役に立つの?」を解説〜(https://ameblo.jp/rikeiya-com/)【関連書籍】「自分を活かす」進路を選ぶ! 最新理系就職ナビ(https://amzn.to/2FaJbj8)