Mahatma Gandhi A man is but the product of his thoughts; what he thinks, he becomes

島田紳助「自分だけの教科書をつくれ」

by 島田 紳助(元お笑いタレント)

漫才には教科書がない。だからこそ、僕は十八歳でこの世界に入った時、自分で教科書をつくろうと思ったんです。「これで勉強したら、絶対売れる」という「教科書」を。

まずは「自分だけの教科書」をつくる  – 自己プロデュース力

こう語るのは、元お笑いタレントの島田紳助氏。

島田氏によると、自分が面白いと思った漫才師の漫才を、片っ端からテープに録音し、紙に書き出すことで、なぜ面白いのかを研究したとのこと。膨大なデータの中から「笑い」のパターンを見つけ出し「法則化」したわけです。

法則化して、自分の言葉で語れるようになっておくと、様々なメリットがあります。

他人に自分のことが伝えやすくなったり、自分の意見が間違っている場合は修正しやすくなります。また、情報収集も闇雲ではなく、自分にとって必要な情報だけを収集できるようになります。

「自分は何がやりたいのか」「どうやったら売れるのか」といった自分の想いや戦略を明確にすること。何かを達成するためには不可欠な要素だといえそうです。

本書は、2007年3月にNSC(吉本総合芸能学院)大阪で一度だけ開催された、島田紳助氏による特別講義の内容をおさめたものです。

−−

”A man is but the product of his thoughts; what he thinks, he becomes.
(人間はその人の思考の産物にすぎない。想いひとつで人はいくらでも変われる)

ー Mahatma Gandhi(インド独立の父)
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。預金・為替・融資業務から、銀行システムの企画開発、新卒採用活動まで幅広く従事。退職後は、中小企業向け財務コンサルティング及び金融業界志望者向け就職支援会社設立。現在は、理系ナビのキャリアアドバイザーとして、理系学生の就職やキャリアに関するアドバイスを行う。理系就活支援歴10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は延べ1500名超。