「自己の悩み」に関する成功者の言葉#3

人の悩みは、大きく3つのカテゴリー、「自己」「人間関係」「仕事・お金」に分けられる。例えば、「自己」に関する悩みとは、自分の能力や健康のこと、「人間関係」に関する悩みとは、交友のこと、「仕事・お金」に関する悩みとは、業務内容や給与のこと。

今回は、成功者の「自己の悩み」への向き合い方や捉え方を、名言や格言を通して紹介する。

アルフレッド・アドラー(精神科医)

誰かが始めなくてはならない。見返りが一切なくても、誰も認めてくれなくても、「あなたから」始めるのだ

ー アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

Reference:あなたが辛いのは「自分のことしか考えていないから」である

梶谷 真司( 東京大学大学院 総合文化研究科 教授)

私たちが日ごろの生活でぶつかるのは、「上司が嫌」「お金がほしい」といった非常に個人的で、具体的な悩みです。自分の問題に向き合うとき、自分の問題の専門家はほかならぬ自分自身です。偉大な哲学者の理論は、手助けにはなっても、だれにでも当てはまる万能な解決策にはなりえません。人生では、哲学者の言葉ではなく、自分の言葉で自分の問いを立て、考える必要があります。

Reference:なぜ”いじめられている人”を見て笑うのか

西岡 壱誠(東京大学教養学部文科二類2年生)

私が「試験テクニック」の重要性に気が付いたのは東大を目指して2浪している時のことです。元々偏差値35だった自分は、「東大に行きたい」と考えた時に、「ただちゃんと、きちんとたくさん勉強すれば東大に合格できるはずだ!」と馬鹿正直に考えました。でも、2回東大に不合格になった時点で、「どうしてこんなに頑張っても合格できないんだろう?」と思い悩み、「何かが間違っているんじゃないか」と思うようになりました。

結論から言うと、間違いは2つでした。
勉強の方法が間違っていたことと、「試験テクニック」を軽んじていたこと。「正しい勉強の方法」に関しては、別の著書(ゲーム式暗記術)で紹介させていただきましたが、問題は後者です。かつての自分と同じように、馬鹿正直に「たくさん勉強すれば合格できる」と考えて、ちゃんと勉強してしまう人も多いと思いますが、それでは結果に結びつかない場合が多いんです。「正々堂々じゃなくてもいいから、どんな手を使ってでも、一点を稼ごうとする意識」。本当の意味で合否を分けるのは、知識量でもなければ努力でもありません。『試験テクニック』なんです。

Reference:東大生の実践する「テストの裏ワザ」を集めた本を書いた理由

−−

”Actual shortcuts often appear to be detours

ー Seth Godin
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。預金・為替・融資業務から、銀行システムの企画開発、新卒採用活動まで幅広く従事。退職後は、中小企業向け財務コンサルティング及び金融業界志望者向け就職支援会社設立。現在は、理系ナビのキャリアアドバイザーとして、理系学生の就職やキャリアに関するアドバイスを行う。理系就活支援歴10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は1500名超。