「自己」に関する成功者の言葉#3

「自己」とは、興味や関心など自分自身に関すること。成功者の「自己」への向き合い方や捉え方を、名言や格言を通して紹介する。

名越 康文(精神科医)

人生を変えるような大きな決断をする前には、必ず群れから離れて、「ソロタイム=ひとりぼっちの時間」を過ごすこと。

群れの価値観や常識からいったん手を放し、心を落ちつけ、明るく、さわやかな自分を取り戻す。それから決断をすれば、大きく判断を誤ることはなくなります。

Reference:暗い気持ちで下す決断は100%間違っている

田辺 茂一(紀伊國屋書店 創業者)

いわゆる人生の意味というやつは、与えられた時間内で自分のしたいことをするだけのことでさあ

Reference:「人生とは与えられた時間内でしたいことをするだけ」(田辺茂一)【漱石と明治人のことば247】

吉田 松陰(幕末の思想家)

なぜ皆が禁じられた本を読もうとするんか?知りたいからです!学びたいからです!変えたいからです!今までの学問じゃもう日本国は守れん!本当にこん国の事を思う者は知っとる。死に物狂いで学ばんにゃ、こん国は守れんと!

皆に問いたい。人はなぜ学ぶのか?

私はこう考えます。学ぶのは、知識を得るためでも、職を得るためでも、出世のためでもない。人にものを教えるためでも、人から尊敬されるためでもない。己のためじゃ!己を磨くために人は学ぶんじゃ!!

Reference:吉田松陰「己を磨くために人は学ぶ」

−−

”If we magnified blessings as much as we magnify disappointments, we would all be much happier

ー John Wooden
Top Photo By BK, on Flickr

About ゆう

銀行出身のキャリアアナリスト