「自己」に関する成功者の言葉#3

「自己」とは、興味や関心など自分自身に関すること。成功者の「自己」への向き合い方や捉え方を、名言や格言を通して紹介する。

田原 総一朗(ジャーナリスト)

僕はもともと絵描きになりたかった。小中学校で近畿のコンクールで入賞して、高校は美術部に入部。ところが2年生のとき、新入生の素晴らしい絵を見て、「自分のは“絵モドキ”だ」と気づいて断念しました。

次は作家になろうと考えました。ところが石原慎太郎の『太陽の季節』を読み、「これはとても書けない」と挫折。そのあと芥川賞を獲った大江健三郎の『飼育』を読んで完全に挫折しました。

僕は何をやっても才能がありませんでした。ただ、好奇心だけはあった。だから次々にいろんなことをやり、いまも自分の好きな仕事ができている。興味のあることを手当たりしだいにやるのが1番です。

Reference:「ゲームよりも勉強」では才能は伸びない

田辺 茂一(紀伊國屋書店 創業者)

いわゆる人生の意味というやつは、与えられた時間内で自分のしたいことをするだけのことでさあ

Reference:「人生とは与えられた時間内でしたいことをするだけ」(田辺茂一)【漱石と明治人のことば247】

吉田 松陰(幕末の思想家)

なぜ皆が禁じられた本を読もうとするんか?知りたいからです!学びたいからです!変えたいからです!今までの学問じゃもう日本国は守れん!本当にこん国の事を思う者は知っとる。死に物狂いで学ばんにゃ、こん国は守れんと!

皆に問いたい。人はなぜ学ぶのか?

私はこう考えます。学ぶのは、知識を得るためでも、職を得るためでも、出世のためでもない。人にものを教えるためでも、人から尊敬されるためでもない。己のためじゃ!己を磨くために人は学ぶんじゃ!!

Reference:吉田松陰「己を磨くために人は学ぶ」

−−

”If we magnified blessings as much as we magnify disappointments, we would all be much happier

ー John Wooden
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。預金・為替・融資業務から、銀行システムの企画開発、新卒採用活動まで幅広く従事。退職後は、中小企業向け財務コンサルティング及び金融業界志望者向け就職支援会社設立。現在は、理系ナビのキャリアアドバイザーとして、理系学生の就職やキャリアに関するアドバイスを行う。理系就活支援歴10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は1500名超。