「人間関係の悩み」に関する成功者の言葉

人の悩みは、大きく3つのカテゴリー、「自己」「人間関係」「仕事・お金」に分けられる。例えば、「自己」に関する悩みとは、自分の能力や健康のこと、「人間関係」に関する悩みとは、交友のこと、「仕事・お金」に関する悩みとは、業務内容や給与のこと。

今回は、成功者の「人間関係の悩み」への向き合い方や捉え方を、名言や格言を通して紹介する。

酒巻 久(キヤノン電子 代表取締役社長)

自分は古典を答え合わせに使っている。何か問題があったら、まず自分でどうするか考える。出した答えと同じようなことが古典に書いてあったら、それは正解だと思うようにしている。古典にこう書いてあると人を説得しやすい

Reference:職場で起こる理不尽をどう切り抜けるか

矢野 香(スピーチコンサルタント)

質問されて「間」をおかずに答えようとすると、真っ先に頭に浮かんだ言葉をつい言ってしまいます。これが失言につながるのです。

ー たった一言で人を動かす 最高の話し方

Reference:一流のリーダーが実践している”失言対策”

八木 早希(フリーアナウンサー)

「でも」こそ、明るいとは対極の、人の話したい気持ちを萎えさせる、最強のネガティブワードなのです。

Reference:「でも」からの卒業 / 言葉は女の武器になる!

−−

”True love begins when nothing is looked for in return

ー Antoine de Saint
Top Photo By BK, on Flickr

About ゆう

銀行出身のキャリアアナリスト