「個人」に関する成功者の言葉#2

「個人」とは、先天的資質や能力、性別などのこと。成功者の「個人」への向き合い方や捉え方を、名言や格言を通して紹介する。

落合 陽一(筑波大学 准教授)

プログラミングの根幹は数学なんです。数学と物理現象に関する深い理解がなければ、プログラミングなんてやったらやっただけ悪化します。

プログラミングが苦手だからって論文が書けないわけではないですから。それよりも新しい数式の考え方を作り、それを抽象化していくことが重要なんです

Reference:落合陽一、梶取弘昌 プログラミングは重要じゃない

ヘラクレイトス(哲学者)

賢くなるには、自分の知性に集中すればよい。それが、物事をどこにでも導いてくれるだろう。

Reference:知恵とは、行動に移す前に考えること

茂木 健一郎(脳科学者)

ドーパミンとは誤差信号なんです。自分ができると思っていなかったことが出来ると出るんです。どれくらい君たちは毎日無茶振りしてますか?

Reference:G1カレッジ2014「今ここにない未来をつくる仕事をしよう」 ダイジェスト版Part1/3

−−

”Everybody is a genius. But if you judge a fish by its ability to climb a tree, it will live its whole life believing that it is stupid

ー Albert Einstein
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。預金・為替・融資業務から、銀行システムの企画開発、新卒採用活動まで幅広く従事。退職後は、中小企業向け財務コンサルティング及び金融業界志望者向け就職支援会社設立。現在は、理系ナビのキャリアアドバイザーとして、理系学生の就職やキャリアに関するアドバイスを行う。理系就活支援歴10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は延べ1500名超。