細川護熙「目標を限定的に定めるのがすごく大事」

by 細川 護熙(元 内閣総理大臣)

西 若いころから芸術に関心があったのですか。

細川 ほとんど関心がありませんでした。若いころは政治家になると決めて、まっしぐらでした。高校の頃に決めて、大学は新聞学科がある上智大学へ。政治家になるには新聞記者になるのが一番の近道だと思ったから、当時は政治家を多く出していた朝日新聞の記者になりました。芸術は60歳で政界を引退してからです。人生、軌道修正はいくらでもできるし、とにかく関心のあることを思いっきりやるのがいい

西 まさに人生100年時代ですね。

細川 でもね、これは最近よく思うんですけど、人生はやっぱりそれほど長くない。100年といったって、大した長さではないんです。だから、できるだけ若いときに目標を定めて、それに向かって進んでいくことが大事だと思いますよ。

西 人生は長くない、ですか。まだ21歳の自分には想像がつきません。

細川 中国の詩人、陶淵明は「人生は幻化に似てついにまさに空無に帰すべし」とうたっています。人生は幻の花のようで、あっという間に過ぎ去ってしまうよという意味ですが、私はほんとうにその通りだと思う。ですから、余計なことはしないこと。目標を限定的に定めるのがすごく大事で、そこへ向かって最短距離で進んでいかないと時間が足りない

私はできるだけ余計なことをしないんです。若いころは父に猛反対されても押し切って政治家になった。引退後は芸術に一直線です。だから変人だと言われますが、そのくらい徹底していかないと、自分が満足するような結果にはならないんじゃないかと思います。

Reference:変人と呼ばれてもいい 人生に余計なことする暇はない




本ブログでご紹介している名言や格言は、成功するために必要な8つの要素に関するものです(【参考記事】上野洋平「成功するために必要な8つのこと」)。

8つの要素とは、自分が好きなことをやりたいと思う『自己承認』、他者に認められたいと思う『他者承認』、自分ならできると思う『自己効力感』、実現させたい『目的』、目的を実現させるための『行動』、自分が正しいと信じている『信念』、先天的資質や能力、性別などの『個人的要因』、自分を取り巻く『環境的要因』のこと。

“何をやっても上手くいかない” “毎日がつまらない” “やりたいことが見つからない” “どんな仕事に向いているかわからない” と感じるのは、あなたの考え方(信念)や目的を実現させる方法(行動)、自分を取り巻く状況(環境的要因)など、いずれかの要素に問題がある可能性がありますので、8つの要素に関する名言や格言を参考にしてみて下さい。

いずれかの要素で参考になる言葉が見つかれば、それが今のあなたにとって、必要な考え方になります。その言葉を取り入れることで、成功に近づくことが出来るでしょう。

なお、各要素は、ブログ記事のタグになっているので、要素ごとの名言や格言を簡単に参照することができます。

また、自分や人間関係、仕事、お金に関するお悩みをお持ちの方は、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事の悩み」(就活生や転職をお考えの方は「就職の悩み」)「お金の悩み」タグをご参照下さい。

あなたを、成功に導く言葉が見つかれば幸いです。




−−

” And I knew that if things were going to improve, I was the one responsible for making it happen.

ー James Clear ”
Top Photo By BK, on Flickr

京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。理系採用に従事したことをきっかけに人材ビジネスを開始。以来、10年以上、一貫して理系に特化した就職、採用支援に携わる。理系のキャリアの魅力をより多くの人に知ってもらいたいとの想いから、理系屋(http://rikeiya.com/)を設立。理系学生の就職、採用支援に加え、中高生や保護者を対象に、理系に関するキャリア教育を行う。 【運営サイト】名言や格言によるキャリア支援サイト〜語録.com(http://career56.com/)、理系就活のプロが理系就活のお悩みを解決〜理系就活一問一答(http://rikeishukatsu-q-a.com/)、「数学は社会で、役に立つの?」を解説〜(https://ameblo.jp/rikeiya-com/)【関連書籍】「自分を活かす」進路を選ぶ! 最新理系就職ナビ(https://amzn.to/2FaJbj8)