知らないと損するお金の話

知らないとヤバイお金の話「1世帯当たりの平均保険料は年間で41.5万円、30年で1245万」

by 【図解】知らないとヤバイお金の話

日本人は、生命保険大好き国民です。

生命保険文化センターの「生命保険に関する全国実態調査」平成21年度のデータを見ると、1世帯あたりの平均保険料は1年で45.4万円。30年で1362万円になるのです。

生命保険文化センターの「生命保険に関する全国実態調査」によると、1世帯当たりの平均保険料は年間で41.5万円(平成24年度)になるそうです。

この金額は25年間払い続けると、なんと1000万を超えるんです。

そう考えると結構な金額ですよね。でも、多くの方はこれだけの金額を払っている実感はありません。なぜでしょう?

それは、ほとんどの場合が月払いだからです。

保険のセールスに、「毎月3.5万円の保険料を支払うだけで、ご家族の安心が買えると思えば安いと思いませんか?」

などと言われてしまうと、総額でいくらかかるのかという意識が低くなってしまうんですね。

ですが、実際に支払う金額を考えれば、頼まれたから仕方なく入るものではないことがお分かり頂けると思います。

 

Reference:【図解】知らないとヤバイお金の話
Top Photo By Littlykke, on WEBBANKER

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。預金・為替・融資業務から、銀行システムの企画開発、新卒採用活動まで幅広く従事。退職後は、中小企業向け財務コンサルティング及び金融業界志望者向け就職支援会社設立。現在は、理系ナビのキャリアアドバイザーとして、理系学生の就職やキャリアに関するアドバイスを行う。理系就活支援歴10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は延べ1500名超。