銀行の赤本(就活生、金融業界志望者向け)

銀行の赤本「銀行は理系が意外と多い」

by ゆう(元銀行員・キャリアアナリスト)

先日の記事(花咲舞に学ぶ銀行読本「銀行員は起業に向いている!?」)の中で、経営者と仕事をする機会が多い銀行員は、経営者目線で業務を見ることができるため、将来起業する上で役に立つとをお伝えしました。

今回はその続きとして、銀行員になるメリットについて簡単にまとめています。就活の参考にして下さい。

・メガバンクは海外出張や海外転勤がとても増えています。なので、海外で働きたいと思っている方にはオススメだと思います。

・銀行は、生保や損保、証券など他の金融機関の商品を取り扱っています。また、メーカー、インフラ、流通など様々な業界とも取引しています。なので、金融業界の中でどの業種にするか決めかねている人、複数の業界の中でどの業界にするか決めかねているという人には、業界や企業の枠を超えて、様々な方法でアプローチできる銀行は魅力的だと思います。

・文系色が強い銀行ですが、意外と理系の行員が多いのも特徴です。デリバティブといった金融商品の開発やATMなどのシステム開発、ディーラーやトレーダーといった市場部門では高等数学を用いる機会があるため、理系の専門知識が必要になります。

About ゆう

理系のキャリアを研究している元銀行員