西郷隆盛「人に対して、何か提言しようとするときには、公平かつ誠実でなければならない」

by 西郷 隆盛(政治家)

西郷が遺した『南洲翁遺訓』の三五則に、次の一節が記されている。

「人に推すに公事至誠を以てせよ」
--西郷隆盛

人に対して、これはどうかと、何か提言しようとするときには、公平かつ誠実でなければならない、ということだろう。

この前段には、次のような一文が綴られる。

「人を籠絡して陰に事を謀る者は、好(よ)し其事を成し得る共、慧眼より之を見れば醜状著るしきぞ」

つまりは、人を言いくるめて陰で謀(はかりごと)をめぐらすような行ないは、たとえそれで事が成就したとしても、本質を見抜く目をもって見れば醜いことこの上ない、という意味。

Reference:【西郷隆盛の名言】「人に推すに公事至誠を以てせよ」

人生をよりよく生きるために必要なTサイクルの8つの要素。今回は、そのうちの1つ、他者(他者承認)に関する名言をご紹介しました。


−−

”Learn to be happy with what you have while you pursue all that you want

ー Jim Rohn
Top Photo By BK, on Flickr

About ゆう

元銀行員・キャリアアナリスト・理系就活コンサルタント