蝦名玲子「感情は、身体からの大切なメッセージ」

by蝦名 玲子(保健学博士)

2015年、世界最高得点322.40点を記録したNHK杯の2週間後に、スペインで開催されたグランプリファイナルに出場したとき、本番直前に、緊張感が高まってしまった羽生選手。

そのとき羽生選手はまず、

「ああ、僕は緊張しているな」

と気づき、その緊張している感情を受け止めました。

そのうえで、

「五輪のときは『金メダルが欲しい』と思って緊張しているのに、その自分がどうしても心の中で見えなくて、五輪の魔物にのまれた」

「でも今年のNHK杯では『ノーミスにしたい、総合300点を超えたい』と思っている自分が見えたから、自分を受け入れることができた」

「今は『NHK杯を超えたい』と思っている自分を、認めて受け入れよう」と述べたといいます。

つまり、羽生選手は、

・ステップ1.「緊張しているな」と気づき、その感情を受け止める
・ステップ2.「『NHK杯を超えたい』と思っているから、緊張しているんだ。緊張しても仕方ない」とその緊張の原因を把握し、認める
・ステップ3.「今は『NHK杯を超えたい』と思っている自分を、認めて受け入れよう」と言葉で表現する

というプロセスを経たのです。

こうしたプロセスを踏むと、「メッセージはきちんと届いた。任務終了!」となるため、感情が次第に鎮まるのです。

(うまく感情をコントロールできたおかげで、この日、羽生選手は330.43点という記録を出し自らが出した世界最高得点を再更新、21歳にして男子初のグランプリファイナル3連覇という快挙を成し遂げ、「レジェンド」になったのです!)

感情は、身体からの大切なメッセージです。

どんなに感じたくない感情であっても、感情が湧いたら、まずきちんと気づき、受け止めてあげてくださいね。

Reference:羽生結弦選手もやってる!感情コントロールの3ステップ

人生をよりよく生きるために必要なTサイクルの8つの要素。そのうちの3つ、「自己承認」「他者承認」「自己効力感」から、人の悩みは、大きく3つのカテゴリー、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事・お金の悩み」に分けることができます(参考記事:「人が悩む3つの要素」「人が悩む3つの要素#2」)。

例えば、「自己の悩み」とは、自分の能力や健康のこと、「人間関係の悩み」とは、教育や交友、子育てのこと、「仕事・お金の悩み」とは、キャリアや給与のこと。

今回は、「自己の悩み」に関する名言をご紹介しました。



−−

”To forgive others is, in fact, being kind to ourselves

ー Master Cheng Yen ”
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、株式会社三井住友銀行に入行。個人及び法人営業にて、海外進出支援、ビジネスマッチング、事業承継・組織再編支援、M&Aのアドバイザリー等の案件に従事した他、ストラクチャードファイナンスやシンジケートローン、資産流動化等を活用した戦略の立案実行支援、新卒採用、プロジェクトマネージャーとしてリスク管理や市場部門システムの企画開発に従事。退職後は、個人事業主として、金融業界志望者向け就職支援、及び、中小企業・個人事業主向け財務コンサルティングに従事。また、株式会社ドリームキャリアでは、理系ナビキャリアアドバイザーとして、理系に特化した就職支援・採用支援に従事。現在は、株式会社コトラにて、理系学生の就職やキャリア支援の他、金融やコンサル、IT、経営層向けの転職支援を行う。理系就活支援歴は10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は1500名超。