花咲舞に学ぶ銀行読本

花咲舞に学ぶ銀行読本「銀行はお固くて古くさい組織」

by 花咲 舞(東京第一銀行 臨店班)

池井戸潤さん原作の銀行ドラマ「花咲舞が黙ってない」の続編が今年の7月から始まるみたいですね。

元銀行員としては、結構この手のドラマは気になるものです。

「半沢直樹」と「花咲舞」との一番の違いは、「半沢直樹」が銀行の総合職という男性側の目線から描かれているのに対して、「花咲舞」は一般職という女性側の目線で描かれていること。

ここでいう総合職というのは、人事異動で様々な仕事を経験するゼネラリストや特定の部門でキャリアを積んでいくスペシャリストを指しています。

また、一般職というのは、窓口業務などの事務処理や総合職、専門職をサポートするのが主な仕事になります。

そして、銀行という組織をよく表しているなーって関心したのが、舞が第1話の最後に言ったこのセリフ。

私、テラーの仕事からやりたくもない臨店の仕事することになっちゃって…正直腐ってました。

それに、臨店のお仕事って、今までよく知らなかった銀行のお固くて、古くさいところとか、派閥とか、組織とか、出世とか、そういうドロドロとしたところばっかり見えてきちゃって…もう最悪です。

このセリフに出てくる「テラー」というのは「銀行窓口」、「臨店(りんてん)」というのは、問題を起こした支店に行って指導をする仕事のことをいいますが、作者の池井戸氏が元銀行員というだけあって、核心をついている言葉だと思いました。

銀行を志望する人は、必見のドラマです。

Reference:日テレ

About ゆう

銀行出身のキャリアアナリスト