箕輪厚介「相手を自分に憑依させる」

by箕輪 厚介(幻冬舎 編集者)

箕輪さんの仕事術のポイント1つ目は、「相手を自分に憑依させること」。編集者の仕事は、作家や起業家など著名人に本を書いてもらうために企画をしたり、編集をしたり……その内容は多岐にわたります。箕輪さん曰く、売れる本を書く人は、常にオファーが舞い込み出版社が列をなしているような状態だとか。そこを“あなたと仕事がしたい!”と思わせなければなりません。

そこで大切なのが「口説きたい人の気持ちや性格、人生などを全て自分なりに分析する。その人が自分に憑依しているかの如く、想像し尽くすこと」と箕輪さんは言います。そして箕輪さん曰く、人が口説かれて落ちるときは、「相手が自分以上に、自分の気持ちをわかってくれていると感じたとき」がほとんどなのだとか。

堀江さんにオファーするとき、“無駄な時間を使いたくない人”だと分析した箕輪さんは、熱量で押すよりもマネージャーに企画書を送ったそうです。その内容は、箕輪さんが革新者におこなったインタビューを堀江さんに読んでもらい、そこに解説を加えてもらうだけというもの。堀江さんのSNSなどでの言動を日々チェックしていた箕輪さんは、「移動中にスマートフォンで書けるような仕事であれば、『やろう』と言うと思った」と当時を振り返ります。現に箕輪さんの企画は、先に(堀江さんへ)10社以上からきていたオファーを飛び越えて出版に至りました。

2つ目は、「安心・安全を破壊せよ!」です。体現者として、箕輪さんは秋元康さんの名を挙げます。「秋元さんは、これまでの経験と感性で予定調和なものはヒットしないとわかっているから、あえて1回破壊したあとのものを見たがる」と言います。また、秋元さんと何度か会議したことがあるという箕輪さんは、「秋元さんは、段取りを常に破壊して周りを混乱させることを意識的にやっている」と分析。当たり前なことをスケジュール通りにやってできあがったものはつまらないものが多いと言う箕輪さんに、たかみなは「秋元さんとしゃべっているみたいで鳥肌が立った。腕を組んでいる秋元さんの姿が見えましたよ(笑)」と驚いていました。

そして、3つ目の仕事術は「自然消滅のススメ」です。プロジェクトの途中で、“うまくいかないだろうな”“やりたくない”とみんなが感じつつも、やると決まっているから進める……仕事をしているとありがちなこの光景に、箕輪さんは「良くないと思う」ときっぱり。箕輪さん自身、モチベーションが下がった仕事には「返信をしなくなるし、(途中で)やめちゃいます」とのこと。さらには「誰もがやりたくないと思っているものは、絶対にヒットもしない」と言います。とはいえ、やってみないと面白いかどうかわからないため、「途中でやめてもいいから、とりあえず始めてみること」と箕輪さんは声を大にしていました。

Reference:ホリエモンを口説き落とした、敏腕編集者の“型破りな仕事術”

本ブログでご紹介している名言や格言は、人生をより良く生きるために必要なTサイクルの8つの要素(「自己承認」「他者承認」「自己効力感」「目的」「行動」「信念」「個人的要因」「環境的要因」)に関するものです。

“何をやっても上手くいかない”“毎日がつまらない”と感じるのは、Tサイクルがうまく回っていないのかもしれません。

Tサイクルがうまく回っていない場合、あなたの考え方(信念)や目的を実現させる方法(行動)、自分を取り巻く状況(環境的要因)など、Tサイクルのいずれかの要素に問題がある可能性がありますので、Tサイクルの8つの要素に係る名言や格言を参考にしてみて下さい。

いずれかの要素で参考になる言葉が見つかれば、それが今のあなたにとって、必要な考え方になります。その言葉を、今のあなたに取り入れることが出来れば、Tサイクルは回り始めるでしょう。

なお、Tサイクルの各要素は、ブログ記事のタグになっているので、要素ごとの名言や格言を簡単に参照することができます。

また、自分や人間関係、仕事、お金に関するお悩みをお持ちの方は、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事の悩み」「お金の悩み」タグをご参照下さい。

あなたの人生を、より良くするための言葉が見つかれば幸いです。



−−

”The world is like a mirror; if you smile at it, it smiles at you

ー Peace Pilgrim ”
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、株式会社三井住友銀行に入行。個人及び法人営業にて、海外進出支援、ビジネスマッチング、事業承継・組織再編支援、M&Aのアドバイザリー等の案件に従事した他、ストラクチャードファイナンスやシンジケートローン、資産流動化等を活用した戦略の立案実行支援、新卒採用、プロジェクトマネージャーとしてリスク管理や市場部門システムの企画開発に従事。退職後は、個人事業主として、金融業界志望者向け就職支援、及び、中小企業・個人事業主向け財務コンサルティングに従事。また、株式会社ドリームキャリアでは、理系ナビキャリアアドバイザーとして、理系に特化した就職支援・採用支援に従事。現在は、株式会社コトラにて、理系学生の就職やキャリア支援の他、金融やコンサル、IT、経営層向けの転職支援を行う。理系就活支援歴は10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は1500名超。