秋元康「前田敦子だけがセンターになりたくないって言ってたんですよ。彼女がそういうことに興味ないところが、伸び代があるわけですよね」

by 秋元 康(作詞家)

AKB48のセンターを前田にしたことについて、「前田敦子だけがセンターになりたくないって言ってたんですよ。彼女がそういうことに興味ないところが、伸び代があるわけですよね」と意外な抜てき理由を説明した。

前田は、劇場公演開始5カ月後に「渚のCHERRY」をソロで歌うことになるが、前田が嫌がり、結果4人ユニットになった。

「彼女にAKB48グループ初のソロ曲を作ったんですよ。そしたら嫌がってプロデューサーの僕をレコーディング現場に入れさせなかった。マネージャーから『今、秋元さんが入ると荒れそうなんで入らないでください』って言われた」

だが、次第に前田の意識が変わり、「彼女が『引っ張って行かなきゃ』という意識を持った。結局(第3回選抜総選挙で)『私のことは嫌いでも、AKB48のことは嫌いにならないでください』っていう名言が出たのは、そういうこと(心情の変化)があるからなんですよ」と秋元自体も変化に驚いたという。

Reference:秋元康が語った「前田敦子をAKB48センターに抜擢した理由」

人生をよりよく生きるために必要なTサイクルの8つの要素。今回は、そのうちの1つ、興味や関心など、自分(自己承認)に関する名言をご紹介しました。


−−

”It is not enough to know, we must also apply; it is not enough to will, we must also do

ー Johann Wolfgang von Goethe ”
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。預金・為替・融資業務から、銀行システムの企画開発、新卒採用活動まで幅広く従事。退職後は、中小企業向け財務コンサルティング及び金融業界志望者向け就職支援会社設立。現在は、理系ナビのキャリアアドバイザーとして、理系学生の就職やキャリアに関するアドバイスを行う。理系就活支援歴10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は1500名超。