石川大智「うまくいっていない時は、自分の価値観を疑ってみる」

by石川 大智(作家)

「すみません! ボク、成功したくていっぱい本を読んだんです。そして書かれているノウハウも実践しました。でも、結果が出ないんです。なので、成功できるノウハウをご存知でしたら、教えてもらえないでしょうか?」

「例えば、石川くんはどんなノウハウを実践しているのかな?」

「引き寄せの法則とか、ポジティブシンキングとかを頑張っています!」

「引き寄せの法則? それは初耳なんだけど、どんな法則なんだね?」

えっ、知らない?
ウソでしょ?

「えーっと、理想をイメージすると現実化する、っていうやつです」

「そんな法則があるんだ。知らなかったよ」
そう言って渡辺さまは微笑んだ。

「それで石川くんは、何かイメージを現実化できたのかい?」

「それが、今のところ、さっぱりなんです」
なんだか急に恥ずかしくなってきた。

「すみません、変な質問をして」

「いや、いいんだよ。何事も疑問を持つことは大切だからね」

「あの、もう1つよろしいですか? 自己啓発書やスピリチュアル本はよくお読みになりますか?」

「うーん、部下たちに薦められたら読むぐらいかな」

「読んだ後、そのノウハウを実践なさいましたか?」

「申し訳ないが、そういうふうに読んだことはないんだよ。周りとのコミュニケーションの1つとして読んでいるだけだから」

「そうなんですね。あっ、長居して申し訳ありませんでした。他に必要なことはありますか?」

「大丈夫だよ。夜中にありがとう」

ボクがカートを転がして部屋から出ようとすると、渡辺さまからこんな言葉が返ってきた。

「私は、うまくいっていない時は、自分の価値観を疑ってみるけどね」

「価値観ですか? それはどういうことでしょうか?」

「ちょっと失礼なことを言うが、人生がうまくいかないなら、それは価値観が間違っているということなんだよ」

「なるほど……。勉強になります」

自分のことを全否定されたようで一瞬目が泳いだ。でも、ホテルマンであることを思い出し、しっかりと丁寧に返事をした。

「これは石川くんに限ったことではないのだけれど、人は必ず自分の価値観で良し悪しを判断する。仮に他人の意見が正しくて自分が間違っていても、自分の価値観を優先してしまうんだ」


ー 天国おじい 運とお金に嫌われてたボクが、あっちの世界から教えてもらった人生のいい流れに乗る方法

Reference:人生がうまくいっていない時に、真っ先にするべきこととは?ある経営者が教えてくれた成功の秘訣が衝撃的だった!

人生をよりよく生きるために必要なTサイクルの8つの要素。そのうちの3つ、「自己承認」「他者承認」「自己効力感」から、人の悩みは、大きく3つのカテゴリー、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事・お金の悩み」に分けることができます(参考記事:「人が悩む3つの要素」「人が悩む3つの要素#2」)。

例えば、「自己の悩み」とは、自分の能力や健康のこと、「人間関係の悩み」とは、教育や交友、子育てのこと、「仕事・お金の悩み」とは、キャリアや給与のこと。

今回は、「自己の悩み」に関する名言をご紹介しました。



−−

”But there was no need to be ashamed of tears, for tears bore witness that a man had the greatest of courage, the courage to suffer

ー Viktor E. Frankl
Top Photo By BK, on Flickr

About ゆう

元銀行員・キャリアアナリスト・理系就活コンサルタント・『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。理系就活支援歴10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は延べ1500名超。