石川和男「G(ゴール)を設定したら、P(計画)を立てて、D(実行)する。実行した結果をC(検証)し、A(改善)するサイクルが、G-PDCAサイクル」

by石川 和男(時間管理コンサルタント)

言うまでもなくPDCAサイクルとは、生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法。実践されている方も少なくないでしょうが、それは著者も同じ。

仕事のみならず、勉強、読書、執筆、講義進行、掃除、ダイエットまでにおいて、PDCAサイクルを回しているのだそうです。

ただし正確には、PDCAの前に「G」がつくのだといいます。どういうころなのかを探るため、第1章「G(ゴール)がなければ、はじまらない」を見てみたいと思います。

PDCAの前につく「G」とは、すなわちゴールのこと。どのようなゴールに向かっていくかを事前に設定することによって、計画が明確になり、モチベーションが維持できて1日の行動がぶれなくなるというわけです。

そこで本書においては、Gを含めたPDCAの回し方が解説されています。まずはG-PDCAサイクルの「用語説明」に注目してみましょう。

“◆ G-PDCAサイクル用語解説

・ Goal(ゴール)=目的を達成するための目標、自分の思い描いていたことが実現すること(夢、希望、願い、願望、志、奇跡、ビジョン、大願成就など、あなたの好きな言葉に置き換えてもいいです)

・ Plan(プラン)=計画

・ Do(ドゥー)=実行

・ Check(チェック)=検証、評価

・ Action(アクション)=改善、調整

(17ページより)

G(ゴール)を設定したら、P(計画)を立てて、D(実行)する。実行した結果をC(検証)し、A(改善)するサイクルが、「G-PDCAサイクル」だということ。

このサイクルを何度も回すことで、精度が増し、スピードもアップし、これまで以上の成果を上げることができるというのです。

Reference:重要なのは目標設定。「PDCA」ならぬ「G-PDCA」とは?

本ブログでご紹介している名言や格言は、成功するために必要な8つの要素に関するものです。

8つの要素とは、自分が好きなことをやりたいと思う『自己承認』、他者に認められたいと思う『他者承認』、自分ならできると思う『自己効力感』、実現させたい『目的』、目的を実現させるための『行動』、自分が正しいと信じている『信念』、先天的資質や能力、性別などの『個人的要因』、自分を取り巻く『環境的要因』のこと(【参考記事】語録.comとは?)。

“何をやっても上手くいかない” “毎日がつまらない” “やりたいことが見つからない” “どんな仕事に向いているかわからない” と感じるのは、あなたの考え方(信念)や目的を実現させる方法(行動)、自分を取り巻く状況(環境的要因)など、いずれかの要素に問題がある可能性がありますので、8つの要素に関する名言や格言を参考にしてみて下さい。

いずれかの要素で参考になる言葉が見つかれば、それが今のあなたにとって、必要な考え方になります。その言葉を取り入れることで、成功に近づくことが出来るでしょう。

なお、各要素は、ブログ記事のタグになっているので、要素ごとの名言や格言を簡単に参照することができます。

また、自分や人間関係、仕事、お金に関するお悩みをお持ちの方は、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事の悩み」(就活生や転職をお考えの方は「就職の悩み」)「お金の悩み」タグをご参照下さい。

あなたを、成功に導く言葉が見つかれば幸いです。



−−

”Sometimes you don’t get closure. You just move on

ー Karen Salmansohn
Top Photo By BK, on Flickr

京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。理系採用に従事したことをきっかけに人材ビジネスを開始。以来、10年以上、一貫して理系に特化した就職、採用支援に携わる。理系のキャリアの魅力をより多くの人に知ってもらいたいとの想いから、理系屋(http://rikeiya.com/)を設立。理系学生の就職、採用支援に加え、中高生や保護者を対象に、理系に関するキャリア教育を行う。 【運営サイト】成功するために必要な8つの要素に関する名言集〜語録.com(http://career56.com/)、理系就活のプロが理系就活のお悩みを解決〜理系就活一問一答(http://rikeishukatsu-q-a.com/)【関連書籍】「自分を活かす」進路を選ぶ! 最新理系就職ナビ(https://amzn.to/2FaJbj8)