澤田秀雄「エイチ・アイ・エス(HIS)が新しい事業に乗り出すのは旅行業のため」

by 澤田 秀雄(HIS 創業者)

「それにしても、どうして旅行会社がエネルギー事業とか農業(植物工場の運営)とか、まったく関係のない分野に手を出すの?」

そう疑問に感じた読者がいるかもしれない。しかし、私の頭のなかでは、すべてがつながっている。

旅行業は平和産業である――。それが私の持論だ。昔からそう言い続けているが、2016年にヨーロッパ各地でテロが相次ぎ、ヨーロッパ旅行も壊滅的に減ったときは、改めてその思いを強くした。

湾岸戦争のときも、9・11同時多発テロのときもそうだったが、海外旅行をする日本人が「ゼロになるんじゃないか?」と思うほど激減する。エイチ・アイ・エスのお客様の大半はビジネス目的ではなく、観光目的の個人客なので、影響がよりビビッドに出る。平和であってこその旅行産業なのだ。

では、なぜ戦争が起こるのか? 大半はエネルギーか食糧の奪い合いである。だから、より安い価格で、より安定的にエネルギーや食糧を提供したい。それがエネルギー事業や植物工場を始めた理由である。

より安く安定的に提供するには、生産性を高めることが不可欠だ。だからロボット事業なのである。「変なホテル」はロボットの実証実験の場でもある。ロボットが仕事をしてくれれば、人間の余暇も増える。

そうして世の中が平和になり、余暇が増えれば、安心して旅行を楽しんでもらえる。かつての「本業」である旅行業にも大きな恩恵があるわけだ。

きれいごとだと笑われるかもしれないが、エイチ・アイ・エス・グループの企業理念は「自然の摂理にのっとり、人類の創造的発展と世界平和に寄与する」。私は本気でそれを実現したいと考えている。

Reference:「目的」に関する成功者の言葉#3

人生をよりよく生きるために必要なTサイクルの8つの要素。今回は、そのうちの1つ、実現させたいこと(目的)に関する名言をご紹介しました。


−−

”One of the greatest gifts you can give to anyone is the gift of your attention

ー Jim Rohn
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、株式会社三井住友銀行に入行。個人及び法人営業にて、海外進出支援、ビジネスマッチング、事業承継・組織再編支援、M&Aのアドバイザリー等の案件に従事した他、ストラクチャードファイナンスやシンジケートローン、資産流動化等を活用した戦略の立案実行支援、新卒採用、プロジェクトマネージャーとしてリスク管理や市場部門システムの企画開発に従事。退職後は、個人事業主として、金融業界志望者向け就職支援、及び、中小企業・個人事業主向け財務コンサルティングに従事。また、株式会社ドリームキャリアでは、理系ナビキャリアアドバイザーとして、理系に特化した就職支援・採用支援に従事。現在は、株式会社コトラにて、理系学生の就職やキャリア支援の他、金融やコンサル、IT、経営層向けの転職支援を行う。理系就活支援歴は10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は1500名超。