泉谷直木「沈黙を聞け」

by 泉谷 直木(アサヒグループホールディングス 会長)

-言葉や考える力は、さまざまな人とのコミュニケーションにどう役立ちましたか。

「私のコミュニケーションは聞くことが先だ。執行役員の時、メンターに言われた『沈黙を聞け』という言葉を今も大事にしている。部下に指示する時、1から10まで説明すると、部下は『わかりました』と言う。だが、3で止め、質問しながら部下の考えを引き出す。考えている時は沈黙して待つ。これを繰り返し、部下が納得して『やります』と宣言すると、気合が違う」

-もどかしく感じることはありませんか。

「謙虚さや我慢強さ、部下への愛情、使命感がなければできない。例えば、ある部下には、『以前こういうことをやってたね。見てたよ。今回はそれより難しいけど、どうすればできると思う?』と話した。これまでの仕事ぶりなどを把握し、こちらがしっかり準備して臨むと、相手も応えてくれる。距離を近づけることも重要だ」

Reference:「わからない」は成長への期待、アサヒ会長の挑戦支えた言葉の力

人生をよりよく生きるために必要なTサイクルの8つの要素。そのうちの3つ、「自己承認」「他者承認」「自己効力感」から、人の悩みは、大きく3つのカテゴリー、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事・お金の悩み」に分けることができます(参考記事:「人が悩む3つの要素」「人が悩む3つの要素#2」)。

例えば、「自己の悩み」とは、自分の能力や健康のこと、「人間関係の悩み」とは、教育や交友、子育てのこと、「仕事・お金の悩み」とは、キャリアや給与のこと。

今回は、「人間関係の悩み」に関する名言をご紹介しました。



−−

”Friendship isn’t about whom you have known the longest. It’s about who came and never left

ー Paulo Coelho
Top Photo By BK, on Flickr

京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。理系採用に従事したことをきっかけに人材ビジネスを開始。以来、10年以上、一貫して理系に特化した就職、採用支援に携わる。理系のキャリアの魅力をより多くの人に知ってもらいたいとの想いから、理系屋(http://rikeiya.com/)を設立。理系学生の就職、採用支援に加え、中高生や保護者を対象に、理系に関するキャリア教育を行う。 【運営サイト】名言や格言によるキャリア支援サイト〜語録.com(http://career56.com/)、理系就活のプロが理系就活のお悩みを解決〜理系就活一問一答(http://rikeishukatsu-q-a.com/)、「数学は社会で、役に立つの?」を解説〜(https://ameblo.jp/rikeiya-com/)【関連書籍】「自分を活かす」進路を選ぶ! 最新理系就職ナビ(https://amzn.to/2FaJbj8)