武田双雲『主語を「私」に変えるだけで、やらされ感が積極性に変わる』

by 武田 双雲(書道家)

朝、ベッドの中で目を覚まして、今日1日について考える……。

面倒な仕事ばかりでイヤな気分になって、起きる気もしない……。

こういう人は意外に多いかもしれません。そこで、そんな朝のそんなイヤな気分を余裕のある気分にサッと変える、とっておきのコツを紹介しましょう。

毎朝──

今日1日の予定を考えるとき、「私」を主語にしてみる。

これだけです。

と言うのも、面倒な仕事というのは、だいたい「私」が主語になっていません。

「私」は主語でも主役でもなく、いつも「仕事をやらされている存在」。(中略)

人は誰しも「やらされている」「しなければいけない」と考えた瞬間、イヤな気分になります。主語、主役が「私」でないから、あまりおもしろくないのです。

Reference:「仕事・お金の悩み」に関する成功者の言葉#2

人生をよりよく生きるために必要なTサイクルの8つの要素。そのうちの3つ、「自己承認」「他者承認」「自己効力感」から、人の悩みは、大きく3つのカテゴリー、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事・お金の悩み」に分けることができます(参考記事:「人が悩む3つの要素」「人が悩む3つの要素#2」)。

例えば、「自己の悩み」とは、自分の能力や健康のこと、「人間関係の悩み」とは、教育や交友、子育てのこと、「仕事・お金の悩み」とは、キャリアや給与のこと。

今回は、「仕事・お金の悩み」に関する名言をご紹介しました。



−−

”I am prepared for the worst, but hope for the best

ー Benjamin Disraeli ”
Top Photo By BK, on Flickr

京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。理系採用に従事したことをきっかけに人材ビジネスを開始。以来、10年以上、一貫して理系に特化した就職、採用支援に携わる。理系のキャリアの魅力をより多くの人に知ってもらいたいとの想いから、理系屋(http://rikeiya.com/)を設立。理系学生の就職、採用支援に加え、中高生や保護者を対象に、理系に関するキャリア教育を行う。 【運営サイト】名言や格言によるキャリア支援サイト〜語録.com(http://career56.com/)、理系就活のプロが理系就活のお悩みを解決〜理系就活一問一答(http://rikeishukatsu-q-a.com/)、「数学は社会で、役に立つの?」を解説〜(https://ameblo.jp/rikeiya-com/)【関連書籍】「自分を活かす」進路を選ぶ! 最新理系就職ナビ(https://amzn.to/2FaJbj8)