樺沢紫苑「幸せを感じるにはトレーニングが必要」

by樺沢 紫苑(精神科医)

樺沢先生

幸せを感じるにはトレーニングが必要なんです。

誰だって程度の差はあれど、幸せなことと不幸せなことの両方に出会っているはず。それなのに「毎日つまらない」と感じているとしたら、幸せにつながることを発見する能力が低いせい。

“プチ幸せ”を見逃してしまっているんです。

ライター・森

たしかにそうかもしれません…

樺沢先生

そういう人は幸せにはなれません。

きっと100億円もらっても「税金どうしよう」とか「盗まれないかな」なんてことで頭がいっぱいになってしまいますからね。

いま幸せでない人は、そのままだと一生幸せになれないんです。

ライター・森

厳しい…。では、どうしたら幸せを発見する能力を高められますか?

樺沢先生

簡単です。寝る前に、その日あった楽しいことを1行でいいので3つ書き出してみてください。3分もあればできますよ。

ライター・森

えっ、それだけでいいんですか? しかし、なぜ「書き出す」んですか?

樺沢先生

頭に思い浮かべるだけではダメ。考えるのと書くのでは記憶の定着に圧倒的な差が出ますから。

そうやって書き出す習慣をつけると、幸せだった記憶が頭に残ってポジティブになってくるので、まわりにもポジティブな人が集まる。すると連鎖的に楽しいことが次々に起きるようになるはずです。

幸せを感じる脳内物質が出る行動とセットで、“プチ幸せ”を書き出す習慣をつけましょう。

Reference:成功者が自殺してしまうのはなぜ? 脳科学的に「幸せになる方法」を教えてもらった

人生をよりよく生きるために必要なTサイクルの8つの要素。そのうちの3つ、「自己承認」「他者承認」「自己効力感」から、人の悩みは、大きく3つのカテゴリー、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事・お金の悩み」に分けることができます(参考記事:「人が悩む3つの要素」「人が悩む3つの要素#2」)。

例えば、「自己の悩み」とは、自分の能力や健康のこと、「人間関係の悩み」とは、教育や交友、子育てのこと、「仕事・お金の悩み」とは、キャリアや給与のこと。

今回は、「自己の悩み」に関する名言をご紹介しました。



−−

”Every obstacle is an opportunity. Every obstacle is a test

ー Wayne Dyer ”
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。預金・為替・融資業務から、銀行システムの企画開発、新卒採用活動まで幅広く従事。退職後は、中小企業向け財務コンサルティング及び金融業界志望者向け就職支援会社設立。現在は、理系ナビのキャリアアドバイザーとして、理系学生の就職やキャリアに関するアドバイスを行う。理系就活支援歴10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は1500名超。