横山信治「成功する人ほど、目の前のコアな人物を大切にする」

by横山 信治(強運コンサルタント)

「運とは人が運んでくるもの」という言葉がありますが、これは真理です。私自身の経験から言えば、良い話をもたらしてくれるのは最初に知り合った人物と言うよりも、その人物が紹介してくれた人、二次的人脈だという経験則があります。

人は直接名刺交換した相手よりも、自分が信頼する人から紹介された人物を信用したり重視したりする傾向があるようです。たとえば私が自分のことを売り込むのと、他人が私のことを売り込んでくれるのとどちらが信憑性がありますか。自分で自分のことを宣伝するより、他人が自分のことを宣伝してくれる方が効果が数段上がります。

私はこれを「見えないネットワーク」と呼んでいます。自分の知らないところで、自分の評判がやり取りされ増幅される。「見えないネットワーク」が強い人は人から助けられたり、良い話が舞い込んでくることが多いのです。

その背景を意識できるようになると、関係の作り方が変わってくると思います。つまりたくさんの知り合いを浅く広く作るより、5人なら5人のコアな関係をまず作る。すると5人にはやはり5人のコアな人がいて、それぞれにまた5人のコアな関係がある。すると5×5×5=125人の強固な人脈ができるわけです。

逆境の時に助けてくれるような5人のコアな人を作る。それだけでほぼ必要な人脈、人間関係はでき上がっていくのです。人脈作りのためと言って異業種交流会でたくさんの名刺を集めたところで、それはあまり意味がありません。

成功する人、金運に恵まれている人はそんなところで名刺を配るより、すでにある目の前のコアな5人を大切にするのです。ぜひ、いまの自分の周りの大切な人をもう一度再認識、再確認してみて下さい。

Reference:お金が寄ってくる人の「ネットワークの作り方」

本ブログでご紹介している名言や格言は、成功するために必要な8つの要素に関するものです。

8つの要素とは、自分が好きなことをやりたいと思う『自己承認』、他者に認められたいと思う『他者承認』、自分ならできると思う『自己効力感』、実現させたい『目的』、目的を実現させるための『行動』、自分が正しいと信じている『信念』、先天的資質や能力、性別などの『個人的要因』、自分を取り巻く『環境的要因』のこと(【参考記事】語録.comとは?)。

“何をやっても上手くいかない” “毎日がつまらない” “やりたいことが見つからない” “どんな仕事に向いているかわからない” と感じるのは、あなたの考え方(信念)や目的を実現させる方法(行動)、自分を取り巻く状況(環境的要因)など、いずれかの要素に問題がある可能性がありますので、8つの要素に関する名言や格言を参考にしてみて下さい。

いずれかの要素で参考になる言葉が見つかれば、それが今のあなたにとって、必要な考え方になります。その言葉を取り入れることで、成功に近づくことが出来るでしょう。

なお、各要素は、ブログ記事のタグになっているので、要素ごとの名言や格言を簡単に参照することができます。

また、自分や人間関係、仕事、お金に関するお悩みをお持ちの方は、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事の悩み」(就活生や転職をお考えの方は「就職の悩み」)「お金の悩み」タグをご参照下さい。

あなたを、成功に導く言葉が見つかれば幸いです。



−−

”Life is beautiful not because of the things we see or do, it is beautiful because of the people we meet

ー Simon Sinek ”
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。預金・為替・融資業務から、銀行システムの企画開発、新卒採用活動まで幅広く従事。退職後は、中小企業向け財務コンサルティング及び金融業界志望者向け就職支援会社設立。現在は、理系ナビのキャリアアドバイザーとして、理系学生の就職やキャリアに関するアドバイスを行う。理系就活支援歴10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は1500名超。