横山信治「人と運を寄び寄せるには、まず人を喜ばせること」

by横山 信治(強運コンサルタント)

強運コンサルタントの横山信治は、人と運を寄び寄せるには、まず「人を喜ばせる」ことだと言います。人を喜ばせるためのコツとは何でしょうか? 横山さんにお話を伺いました。

運のいい人は良い言葉を使っている人です。使う言葉を前向きに、明るいものに変えることがポイントで、それは自分の意識だけでなく、周囲の人の意識も変えていきます

たとえば、素敵なバッグを持っている人がいたら、「そのバッグ素敵ですね!」と素直に伝える。髪型を変えた人がいたら「とても似合っていますね」と褒める。仕事でも部下が成果を上げたら「よくやったね。きっとうまくやってくれると思っていたよ」と評価する。

周囲の人の気持ちをちょっと上げてやること。気分を良くしてあげる言葉を投げてやることがとても大事なのです。ほんのちょっとした言葉ですが、その効果は絶大です。言われた方は1日気分良く仕事や生活ができるかもしれません。

その気持ちは必ず形を変えてあなたに返ってくるのです。相手はあなたに好感をもつでしょう。それが毎日のように少しずつでも積み上がっていくと、相手は強力なあなたの支援者、応援者になってくれるはずです。

逆に日常のちょっとした会話で、相手に皮肉や嫌味を言ったりして、相手をへこますことで得意になっているような人もいます。こういう人は本当に損をします。というのもちょっとした言葉こそ、人は相手を判断する基準、大きな理由になってしまうからです。

そういう人は気がつくと周りに支援者がいなくなるどころか、反感を持たれ足を引っ張られたりすることもあるでしょう。ちょっとした言葉であってもその影響はとても大きいのです。

Reference:運もお金もついてくる「強運体質な人」の行動

本ブログでご紹介している名言や格言は、成功するために必要な8つの要素に関するものです。

8つの要素とは、自分が好きなことをやりたいと思う『自己承認』、他者に認められたいと思う『他者承認』、自分ならできると思う『自己効力感』、実現させたい『目的』、目的を実現させるための『行動』、自分が正しいと信じている『信念』、先天的資質や能力、性別などの『個人的要因』、自分を取り巻く『環境的要因』のこと(【参考記事】語録.comとは?)。

“何をやっても上手くいかない” “毎日がつまらない” “やりたいことが見つからない” “どんな仕事に向いているかわからない” と感じるのは、あなたの考え方(信念)や目的を実現させる方法(行動)、自分を取り巻く状況(環境的要因)など、いずれかの要素に問題がある可能性がありますので、8つの要素に関する名言や格言を参考にしてみて下さい。

いずれかの要素で参考になる言葉が見つかれば、それが今のあなたにとって、必要な考え方になります。その言葉を取り入れることで、成功に近づくことが出来るでしょう。

なお、各要素は、ブログ記事のタグになっているので、要素ごとの名言や格言を簡単に参照することができます。

また、自分や人間関係、仕事、お金に関するお悩みをお持ちの方は、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事の悩み」(就活生や転職をお考えの方は「就職の悩み」)「お金の悩み」タグをご参照下さい。

あなたを、成功に導く言葉が見つかれば幸いです。



−−

”Be you. Be all in. Fall, rise, and try again

ー Brené Brown
Top Photo By BK, on Flickr

京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。理系採用に従事したことをきっかけに人材ビジネスを開始。以来、10年以上、一貫して理系に特化した就職、採用支援に携わる。理系のキャリアの魅力をより多くの人に知ってもらいたいとの想いから、理系屋(http://rikeiya.com/)を設立。理系学生の就職、採用支援に加え、中高生や保護者を対象に、理系に関するキャリア教育を行う。 【運営サイト】成功するために必要な8つの要素に関する名言集〜語録.com(http://career56.com/)、理系就活のプロが理系就活のお悩みを解決〜理系就活一問一答(http://rikeishukatsu-q-a.com/)【関連書籍】「自分を活かす」進路を選ぶ! 最新理系就職ナビ(https://amzn.to/2FaJbj8)