林修「自分が一番になれる場所を見つけ出して、確実に一番をとることが成功につながる」

by林 修(東進ハイスクール現代文講師)

MC・林修が人生に必要な考え方を講義する「白熱教室」のコーナーでは、山下誠司著「年収1億円になる人の習慣」(ダイアモンド社刊)を紹介。同書で紹介されている億万長者の生活習慣のうち、林は「『2時間前出社』は億万長者の基本中の基本」という一節をピックアップした。

著者の山下氏は、大手美容室「EARTH」を運営する株式会社アースホールディングスの取締役。書籍では、山下氏が上司である同社代表取締役・國分利治氏から教わった「2時間前出社習慣」を紹介している。山下氏自身、2時間前出社を習慣にしたとたんに業績が上向き、入社後7年で自身も年収1億円を実現したという。

この2時間前出社について、林は「(売上げや顧客数といった)数字を上げるのには時間が必要だが、『始業より2時間早く出社すること』は経験や学歴関係なく本人の努力だけでその日から実現できる習慣」であると指摘。そうした“自分が一番になれる場所”を見つけ出して、確実に一番をとることが成功につながる、と解説した。

また、林は「この本に書かれている習慣は、全部が目新しいことでもないんです。でも、これは裏を返すと『成功者がやっていることには普遍性がある。成功者みんなが同じことをしている』ということ」だと力説。「できることからいろいろやってみるという方向に“生き方”を変えることが、結果的に収入アップにつながる」のだと結論付けた。

Reference:平野紫耀「芸能界一トイレにいる時間が長い」告白にスタジオ驚がく!

本ブログでご紹介している名言や格言は、人生をより良く生きるために必要なTサイクルの8つの要素(「自己承認」「他者承認」「自己効力感」「目的」「行動」「信念」「個人的要因」「環境的要因」)に関するものです。

“何をやっても上手くいかない”“毎日がつまらない”と感じるのは、Tサイクルがうまく回っていないのかもしれません。

Tサイクルがうまく回っていない場合、あなたの考え方(信念)や目的を実現させる方法(行動)、自分を取り巻く状況(環境的要因)など、Tサイクルのいずれかの要素に問題がある可能性がありますので、Tサイクルの8つの要素に係る名言や格言を参考にしてみて下さい。

いずれかの要素で参考になる言葉が見つかれば、それが今のあなたにとって、必要な考え方になります。その言葉を、今のあなたに取り入れることが出来れば、Tサイクルは回り始めるでしょう。

なお、Tサイクルの各要素は、ブログ記事のタグになっているので、要素ごとの名言や格言を簡単に参照することができます。

また、自分や人間関係、仕事、お金に関するお悩みをお持ちの方は、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事の悩み」「お金の悩み」タグをご参照下さい。

あなたの人生を、より良くするための言葉が見つかれば幸いです。



−−

”It does not so much matter what happens. It is what one does when it happens that really counts

ー Laura Ingalls Wilder
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、株式会社三井住友銀行に入行。個人及び法人営業にて、海外進出支援、ビジネスマッチング、事業承継・組織再編支援、M&Aのアドバイザリー等の案件に従事した他、ストラクチャードファイナンスやシンジケートローン、資産流動化等を活用した戦略の立案実行支援、新卒採用、プロジェクトマネージャーとしてリスク管理や市場部門システムの企画開発に従事。退職後は、個人事業主として、金融業界志望者向け就職支援、及び、中小企業・個人事業主向け財務コンサルティングに従事。また、株式会社ドリームキャリアでは、理系ナビキャリアアドバイザーとして、理系に特化した就職支援・採用支援に従事。現在は、株式会社コトラにて、理系学生の就職やキャリア支援の他、金融やコンサル、IT、経営層向けの転職支援を行う。理系就活支援歴は10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は1500名超。