林修「社会において必要なことは、群像の感覚」

by林 修(東進ハイスクール 現代文講師)

ナレーション:東大卒業後、中途退社。そして、ギャンブルでの多額の借金。数多くの失敗を繰り返したという林先生。しかし、その失敗を自分の不得意な分野を知るための実験と捉えた結果、ここなら活躍できるという居場所を予備校講師に見出したのです。では、その居場所をどのように見いだすのか。林先生は、ある感覚を持つことが不可欠だと断言。それは一体?

社会において必要なことは、勝手に僕名付けているんですけど、群像の感覚

ナレーション:群像とは、多くの人々の姿という意味。

群像の中に自分を置いてみて、自分がどういう状況で、どの役だったらできるのかって、客観的に見る目はありますか?

社会はそれがないと生きていくのが大変なんですよ。

ナレーション:つまり、群像の感覚とは、社会に出た時に自分の強みは何なのか。そして、自分の実力が周囲と比べてどのポジションにあるのかを客観的に見定められる能力。これが大切なんです。

ナレーション:そして、林先生はこの感覚から、現代文講師というポジションを見つけることができたのです。ちなみに、この群像の感覚。過去に非常に優れた人物が。

少し前の政治家で、金丸信(かねまるしん)さんという方がいらっしゃいました。当時はですね、竹下派の方でして。そう今日この人のこと思い出したのは、今日DAIGOさんがいらっしゃるということで。

竹下派7奉行と言われた中でですね、まだ首相じゃなかった将来有望な政治家をこの金丸さんという方が評価した時に、「無事の橋本、大乱世の梶山」。

どういうことかといえば、何にもない状況だったら橋本龍太郎さんが首相にいいだろうと。もっとぐちゃぐちゃになったら、これは梶山静六(かじやませいろく)さんの出番だ、と言った言葉で。僕は、これは本当に群像の感覚に溢れた言葉だなと今でも思ってる。つまり、時代状況の中で、必要な人物って変わるんです。

この芸能界の方っていうのは、そういう群像の感覚に優れた方がたくさんいるんですよ。

芸人さんたちがわーっとやっている時に、やっぱり同じ枠で被ったらキツイですよね、澤部さん?

澤部:そうですね。多々ありますけど…

出川:僕は難しいことはわかんないけど、自分が好きなものだけは誰にも負けないように突き進む。それは僕にとっては体を使って笑いをとることだったんだけど。そこだけ突き進んでれば、大丈夫かなと思ってやってるんすけどね。

でも、やっぱり群像の感覚お持ちですよ。このポジションなら自分はこういくっていう。意外と東大生は勉強ができた、しかも、褒められてきたから、群像の中に身をおいてみて、自分はどうだ?って捉える意識が薄いなーって思う生徒をたくさんみてきました。

ナレーション:せっかく一流大学卒業の肩書きがあっても、無理やり自分を押し通し、周囲の信頼を勝ち得ていない人。つまり、4のポジションに陥っている人は、自分が「できる」と思い込んでいることと、本来自分が「できる」こととの間にズレが生じているのに、そのズレを自覚できていないのかもしれません。

皆さんが持っている能力、決められた試験をきちんと解いて、そして穏やかにやっていきたいんだったら、公務員しかない。

でも、そうじゃなくて民間でやっていくっていうんだったら、自分にできることは何で、横には誰がいて、どういうライバル企業がいて。この群像の感覚を身につけないと、なかなか(社会で)生きていけないです。

これは一つの学び方としては歴史ですよ。色んな人を見たときに、自分に近い人(歴史上の人物)、そういう人を見つけると、その人の失敗、その人の成功、こういう風に状況を読めないと失敗するんだっていうようなこと。

こういう風に判断してうまく乗り切っていくんだという感覚。これは東大生、意外と弱いなと。

南雲:自分でもやっぱり東大っていうのを自分が気にしすぎていたのかもしれないです。自分が活躍できるポジションを探していこうと思います。

(活躍できるポジションは)いっぱいはないけど、何かは絶対にあるんですよ。

続きは、林修「学校の勉強の中で、圧倒的に大事なのは数学」

Reference:林先生が驚く初耳学!

理系屋LINEお友だち募集中!

就職、転職、お子様の文理選択など、理系のキャリアに関するご質問やお悩み、ご要望がございましたら、「理系屋(※)LINE 公式アカウント」にご登録下さい!(公式アカウントにご登録頂いた方限定で、LINEで無料ご相談頂けます)※理系屋についてはこちら

友だち追加

 

本ブログでご紹介している名言や格言は、成功するために必要な8つの要素に関するものです(【参考記事】上野洋平「成功するために必要な8つのこと」)。

8つの要素とは、自分が好きなことをやりたいと思う『自己承認』、他者に認められたいと思う『他者承認』、自分ならできると思う『自己効力感』、実現させたい『目的』、目的を実現させるための『行動』、自分が正しいと信じている『信念』、先天的資質や能力、性別などの『個人的要因』、自分を取り巻く『環境的要因』のこと。

“何をやっても上手くいかない” “毎日がつまらない” “やりたいことが見つからない” “どんな仕事に向いているかわからない” と感じるのは、あなたの考え方(信念)や目的を実現させる方法(行動)、自分を取り巻く状況(環境的要因)など、いずれかの要素に問題がある可能性がありますので、8つの要素に関する名言や格言を参考にしてみて下さい。

いずれかの要素で参考になる言葉が見つかれば、それが今のあなたにとって、必要な考え方になります。その言葉を取り入れることで、成功に近づくことが出来るでしょう。

なお、各要素は、ブログ記事のタグになっているので、要素ごとの名言や格言を簡単に参照することができます。

また、自分や人間関係、仕事、お金に関するお悩みをお持ちの方は、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事の悩み」(就活生や転職をお考えの方は「就職の悩み」)「お金の悩み」タグをご参照下さい。

あなたを、成功に導く言葉が見つかれば幸いです。




−−

”Know that everything will happen at just the right time, at just the right place, with just the right people.

ー Wayne Dyer ”
Top Photo By BK, on Flickr

京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。理系採用に従事したことをきっかけに人材ビジネスを開始。以来、10年以上、一貫して理系に特化した就職、採用支援に携わる。理系のキャリアの魅力をより多くの人に知ってもらいたいとの想いから、理系屋(http://rikeiya.com/)を設立。理系学生の就職、採用支援に加え、中高生や保護者を対象に、理系に関するキャリア教育を行う。 【運営サイト】名言や格言によるキャリア支援サイト〜語録.com(http://career56.com/)、理系就活のプロが理系就活のお悩みを解決〜理系就活一問一答(http://rikeishukatsu-q-a.com/)、「数学は社会で、役に立つの?」を解説〜(https://ameblo.jp/rikeiya-com/)【関連書籍】「自分を活かす」進路を選ぶ! 最新理系就職ナビ(https://amzn.to/2FaJbj8)