林修「勉強ができる子のノートほど字が汚い」

by 林 修(東進ハイスクール現代文講師)

林は、「学問においての字は“知の整理”をすることが大切」と主張。

字のきれいさと勉強ができるかどうかの関係は<字がきれい・汚い>と<知の整理が上手・下手>の組み合わせで4パターンに分けられるといい、「『④知の整理が上手×字が汚い』のほうが『①知の整理が上手×字がきれい』よりも多い」「自分なりの知識のまとめ方があって『自分がわかればいい』と考える子に優秀な子が多い」と指摘。

「お子さんがノートを書いているのを見て『きれいに書きなさい』と矯正しようとするのはどうか」と問題提起した。

Reference:林修「勉強ができる子ほど字が汚い」説にロンブー田村淳らショック!

人生をよりよく生きるために必要なTサイクルの8つの要素。今回は、そのうちの1つ、先天的資質や能力、性別など(個人的要因)に関する名言をご紹介しました。



−−

”Trust the process. We can only see a little bit down the road, but faith can see around every curve

ー Author Unknown ”
Top Photo By BK, on Flickr

About ゆう

元銀行員・キャリアアナリスト・理系就活コンサルタント・『語録.com』開設者兼管理人。理系就活支援歴10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は延べ1500名超。