本田宗一郎「成功者は、例え不運な事態に見舞われても、この試練を乗りこえたら、必ず成功すると考えている。そして、最後まで諦めなかった人間が成功しているのである」

by 本田 宗一郎(本田技研工業 創業者)

本田選手はそのパフォーマンスから「天才」と言われますが、でも誰よりも練習をすると言われています。実際、コロンビア戦で大迫勇也選手がヘッドを決めたコーナーキックも、本田選手と「何度も練習した」と言っています。そのひたむきな姿勢は、研究に没頭する技術者のよう。

本田選手はW杯前に言いました。

「優勝できる可能性を数値にすれば1%かもしれないが、可能性はあると思います」

それを聞いて、多くの人が「ムリムリムリ!」とつっこんだでしょう。

実はこのコトバ、世界的技術者たちのコトバと共通点があるんです。

「ほとんどすべての人間は、不可能だというところまで行きつき、そこでやる気をなくしてしまう。勝負はそこからだというのに」――トーマス・エジソン

「成功者は、例え不運な事態に見舞われても、この試練を乗りこえたら、必ず成功すると考えている。そして、最後まで諦めなかった人間が成功しているのである」――本田宗一郎

誰の目にも、ムリ!と思われるものであったとしても、そこに1%の可能性を見つけて没頭する姿勢は、もはや、選手というよりも天才技術者と言ってもいいのかもしれません。

Reference:W杯日本代表が放った「名言」、『伝え方が9割』著者が解説

人生をよりよく生きるために必要なTサイクルの8つの要素。今回は、そのうちの1つ、自分が正しいと信じていること(信念)に関する名言をご紹介しました。



−−

” What seems nasty, painful, evil, can become a source of beauty, joy and strength, if faced with open mind

ー Henry Miller ”
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。預金・為替・融資業務から、銀行システムの企画開発、新卒採用活動まで幅広く従事。退職後は、中小企業向け財務コンサルティング及び金融業界志望者向け就職支援会社設立。現在は、理系ナビのキャリアアドバイザーとして、理系学生の就職やキャリアに関するアドバイスを行う。理系就活支援歴10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は1500名超。