本田健「決められないことは、現実にはならない」

by本田 健(経営コンサルタント)

本田 本の中にも書いたのですが、「決断をすること=自分の新しい未来を創り出すこと」であると、私は考えています。「決められないこと」は、現実にはなりません

それなのに、多くの人が、決断を先送りにしようとします。その理由は、「決断には不安や恐れがともなうから」だと思うんです。何かを決めるとき、『これでいいのだろうか?』『もっと、いい選択肢があるのではないか?」と考えてしまうと、決断ができなくなってしまいます。(中略)

吉田 僕が何かを決断するときの信条は、「10秒以内に決める」こと。

決断というのはスポーツに似ていて、「心の反射運動」みたいなもの。だから、心が反応した結果に従えばいいわけです。散々悩んだ末に決断をすると、迷いが見え隠れして、うまくいかない。一方で、悩まないときの決断ほど、チャンスが訪れる気がします。まず決断する。あれこれ考えるのは、そのあと。決断に大切なのは、瞬発力です。

本田 私も、吉田さんと同じで、どんなことで「10秒」で即決できると思っています。

即決の拠りどころになるのは、「直感」です。だから、主人公が開く3番目の手紙は、【直感】なんです。「直感」というのは、ただの「カン」とは違って、その人を幸せに導くナビゲーションシステムのようなものではないでしょうか。「カン」はあいまいなものですが、「直感」は、心の奥深にある明確な情報です。自分にとって大切な決断をするときほど、理性や論理で決めるのではなく、直感に頼ったほうがいいと思います。

Reference:なぜ、お金持ちは「偶然と直感」を大切にするのか?

本ブログでご紹介している名言や格言は、成功するために必要な8つの要素に関するものです。

8つの要素とは、自分が好きなことをやりたいと思う『自己承認』、他者に認められたいと思う『他者承認』、自分ならできると思う『自己効力感』、実現させたい『目的』、目的を実現させるための『行動』、自分が正しいと信じている『信念』、先天的資質や能力、性別などの『個人的要因』、自分を取り巻く『環境的要因』のこと(【参考記事】語録.comとは?)。

“何をやっても上手くいかない” “毎日がつまらない” “やりたいことが見つからない” “どんな仕事に向いているかわからない” と感じるのは、あなたの考え方(信念)や目的を実現させる方法(行動)、自分を取り巻く状況(環境的要因)など、いずれかの要素に問題がある可能性がありますので、8つの要素に関する名言や格言を参考にしてみて下さい。

いずれかの要素で参考になる言葉が見つかれば、それが今のあなたにとって、必要な考え方になります。その言葉を取り入れることで、成功に近づくことが出来るでしょう。

なお、各要素は、ブログ記事のタグになっているので、要素ごとの名言や格言を簡単に参照することができます。

また、自分や人間関係、仕事、お金に関するお悩みをお持ちの方は、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事の悩み」(就活生や転職をお考えの方は「就職の悩み」)「お金の悩み」タグをご参照下さい。

あなたを、成功に導く言葉が見つかれば幸いです。



−−

”You are not separate from the whole. You are one with the sun, the earth, the air. You don’t have a life. You are life

ー Eckhart Tolle
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、株式会社三井住友銀行に入行。個人及び法人営業にて、海外進出支援、ビジネスマッチング、事業承継・組織再編支援、M&Aのアドバイザリー等の案件に従事した他、ストラクチャードファイナンスやシンジケートローン、資産流動化等を活用した戦略の立案実行支援、新卒採用、プロジェクトマネージャーとしてリスク管理や市場部門システムの企画開発に従事。退職後は、個人事業主として、金融業界志望者向け就職支援、及び、中小企業・個人事業主向け財務コンサルティングに従事。また、株式会社ドリームキャリアでは、理系ナビキャリアアドバイザーとして、理系に特化した就職支援・採用支援に従事。現在は、株式会社コトラにて、理系学生の就職やキャリア支援の他、金融やコンサル、IT、経営層向けの転職支援を行う。理系就活支援歴は10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は1500名超。