曽野綾子「してみようと思えば、何でも道楽になる」

by 曽野 綾子(作家)

すべての人生のことは「させられる」と思うから辛かったり惨めになるので、「してみよう」と思うと何でも道楽になる

曽野 綾子(作家)

(中略)

「やってみよう」という態度は、「やりたい」と「やらされている」の間に位置している。しかし、ベクトルとしては「やりたい」の方向に向いている。このベクトルの方向が大事である。(中略)

心がこもっていなくても、まずは形から入る。形から入ってやっているうちに、いつの間にか「やりたい」に変わっていうことはよくあることだ。しかし、「やらされている」という気分でやっていたのでは、いつまでたっても「やりたい」に変化するものではない。

ー 働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。

Reference:「自信」に関する成功者の言葉

人生をよりよく生きるために必要なTサイクルの8つの要素。今回は、そのうちの1つ、自分ならできると思うこと(自己効力感)に関する名言をご紹介しました。


−−

”How am I going to live today in order to create the tomorrow I’m committed to

ー Anthony Robbins
Top Photo By BK, on Flickr

About ゆう

元銀行員・キャリアアナリスト・理系就活コンサルタント・『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。理系就活支援歴10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は延べ1500名超。