曽野綾子「してみようと思えば、何でも道楽になる」

by 曽野 綾子(作家)

すべての人生のことは「させられる」と思うから辛かったり惨めになるので、「してみよう」と思うと何でも道楽になる

曽野 綾子(作家)

(中略)

「やってみよう」という態度は、「やりたい」と「やらされている」の間に位置している。しかし、ベクトルとしては「やりたい」の方向に向いている。このベクトルの方向が大事である。(中略)

心がこもっていなくても、まずは形から入る。形から入ってやっているうちに、いつの間にか「やりたい」に変わっていうことはよくあることだ。しかし、「やらされている」という気分でやっていたのでは、いつまでたっても「やりたい」に変化するものではない。

ー 働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。

Reference:「自信」に関する成功者の言葉

人生をよりよく生きるために必要なTサイクルの8つの要素。今回は、そのうちの1つ、自分ならできると思うこと(自己効力感)に関する名言をご紹介しました。


−−

”How am I going to live today in order to create the tomorrow I’m committed to

ー Anthony Robbins
Top Photo By BK, on Flickr

京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。理系採用に従事したことをきっかけに人材ビジネスを開始。以来、10年以上、一貫して理系に特化した就職、採用支援に携わる。理系のキャリアの魅力をより多くの人に知ってもらいたいとの想いから、理系屋(http://rikeiya.com/)を設立。理系学生の就職、採用支援に加え、中高生や保護者を対象に、理系に関するキャリア教育を行う。 【運営サイト】成功するために必要な8つの要素に関する名言集〜語録.com(http://career56.com/)、理系就活のプロが理系就活のお悩みを解決〜理系就活一問一答(http://rikeishukatsu-q-a.com/)【関連書籍】「自分を活かす」進路を選ぶ! 最新理系就職ナビ(https://amzn.to/2FaJbj8)