新井健一「抜きんでるためには、自分が持っている長所を使う」

by新井 健一(経営コンサルタント)

「本業とは別に、副業を始めようとする人は大抵、自分が今持っているものを捨てるところから始めようとします。今置かれている環境であったり、友人知人であったり、仕事であったり、家であったり。まずはその考えから脱するべきです」

というのは、収入を得るうえで最初にすべきは、自分のスキルの棚卸しだ。これまでの人生で何をして、何が得意で、何が褒められたのかを分析することが重要であって、“新しい自分になる”必要はまったくない。

「たとえば、芸人の渡辺直美さんは、ご自身の体形を生かして、ファッションブランドを立ち上げて成功を収めました。最近はますます体形をデフォルメして、個性に磨きがかかっているようにも見えます。もし、最初にダイエットしていたら、今の活躍はなかったかもしれません」

カラテカの2人についても、同じことが言える。

「あのお2人は、面白くなってはいけないんです。矢部さんが無理に笑いを取ることを考えたら、人を和ませる漫画は描けなかったはずです。入江さんも人脈を生かせるのがテレビではなく、企業向け講演だと気づいたから成功したわけです」

星の数ほどいるお笑い芸人やテレビタレントの中から抜きんでるために彼らがしたことは、それぞれ自分が持っている長所を使うことだけだったのだ。

渡辺直美もカラテカの2人も、淡々とテレビの仕事をこなしているだけでは、芸能人としてはある段階で行き詰まっていたかもしれない。しかし彼らは、自分が元々持っていたスキルを使ってキャリアをコントロールすることに成功したのだ。

Reference:カラテカ、渡辺直美…副業で成功する芸能人に学ぶ「勝利の秘訣」

本ブログでご紹介している名言や格言は、人生をより良く生きるために必要なTサイクルの8つの要素(「自己承認」「他者承認」「自己効力感」「目的」「行動」「信念」「個人的要因」「環境的要因」)に関するものです。

“何をやっても上手くいかない”“毎日がつまらない”と感じるのは、Tサイクルがうまく回っていないのかもしれません。

Tサイクルがうまく回っていない場合、あなたの考え方(信念)や目的を実現させる方法(行動)、自分を取り巻く状況(環境的要因)など、Tサイクルのいずれかの要素に問題がある可能性がありますので、Tサイクルの8つの要素に係る名言や格言を参考にしてみて下さい。

いずれかの要素で参考になる言葉が見つかれば、それが今のあなたにとって、必要な考え方になります。その言葉を、今のあなたに取り入れることが出来れば、Tサイクルは回り始めるでしょう。

なお、Tサイクルの各要素は、ブログ記事のタグになっているので、要素ごとの名言や格言を簡単に参照することができます。

また、自分や人間関係、仕事、お金に関するお悩みをお持ちの方は、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事の悩み」「お金の悩み」タグをご参照下さい。

あなたの人生を、より良くするための言葉が見つかれば幸いです。



−−

”If you can drive yourself crazy, you can drive yourself happy!

ー Karen Salmansohn ”
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、株式会社三井住友銀行に入行。個人及び法人営業にて、海外進出支援、ビジネスマッチング、事業承継・組織再編支援、M&Aのアドバイザリー等の案件に従事した他、ストラクチャードファイナンスやシンジケートローン、資産流動化等を活用した戦略の立案実行支援、新卒採用、プロジェクトマネージャーとしてリスク管理や市場部門システムの企画開発に従事。退職後は、個人事業主として、金融業界志望者向け就職支援、及び、中小企業・個人事業主向け財務コンサルティングに従事。また、株式会社ドリームキャリアでは、理系ナビキャリアアドバイザーとして、理系に特化した就職支援・採用支援に従事。現在は、株式会社コトラにて、理系学生の就職やキャリア支援の他、金融やコンサル、IT、経営層向けの転職支援を行う。理系就活支援歴は10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は1500名超。