Neale Donald Walsch Try to not be disappointed in anything. Know that life is showing up perfectly in every moment

藤堂高虎「成功するためには、オンリーワンの強みを持て」

by 藤堂 高虎(戦国武将)

豊臣秀吉や徳川家康など、歴代仕えた上司の人数が10人だったという藤堂高虎(とうどうたかとら)。

高虎にとっての転機は21歳の時。5人目の上司である豊臣秀長(豊臣秀吉の弟)との出会いでした。

秀長から、これまでの3倍以上の石高(こくだか)である300石(約3000万円)で迎えられた高虎は、32歳で2万石の領主にまで出世します。秀吉からも「藤堂のような勇将は二度と得られない。常にこれを厚遇するべきである」とまで言わせたほどの人物です。

そんな彼の言葉がこちら。

侍はなるべく諸芸を習い、どんな道でも役に立つと覚悟すべき

諸芸とは技能のことです。高虎が見つけた芸は城づくりでした。

数々の城攻めを経験する中で、強い城とはなんなのかを模索。研究を重ねた結果、江戸城や大阪城、二条城など日本を代表する城造りに携わり、ついには32万石の大大名に上り詰めました。

この言葉から言えることは、成功するためにはオンリーワンの強みを持て、ということです。

ただ、オンリーワンの強みを持つといっても色んな方法があると思います。

得意分野を伸ばすこともその1つですが、林修さんのように勝てる場所を探すというのもありだと思います(関連記事:”「勝てる」ことを仕事に選ぶ”)。相対的に自分が優位に立てる場所を選ぶわけです。

窮地にあったUSJを革新的なアイデアでV字回復させたマーケターの森岡毅さんは、オンリーワンの強みを持つことについて、次のように述べています。

オンリーワンの強みを持つとは、好きなことを選ぶこと。

好きなことじゃないと身に付かないし、頑張れない。辛いことの方が多いから。

自分が好きなことの中から、世の中の需要にあったところを選ぶとよい。

森岡さん自身、データやロジックを使うのが一般的なマーケティングの世界において、学生時代から得意な数学と統計学を駆使してマーケティングを行っているそうです。

ちなみに高虎も、城作りが好きで、城の図面まで描いていたとのこと。

何をやってもなかなか身に付かない人や頑張れない人、長続きしない人は、もしかすると目の前にあることが好きではないのかもしれません。

好きを見つけるコツは、自分が人のためになると思うことをすることです。

それは、どんな些細なことでも構いません。

自分のできる範囲で、自分のできることを続けることです。

Reference:NHK

−−

”Try to not be disappointed in anything. Know that life is showing up perfectly in every moment.

ー Neale Donald Walsch
Top Photo By BK, on Flickr

About ゆう

元銀行員・キャリアアナリスト・理系就活コンサルタント。理系就活支援歴10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は延べ1500名以上。