山本彩「比べていいのは、過去の自分と未来の自分だけ」

by山本 彩(アイドル)

今月27日に大阪・万博公園で卒業コンサートを控えるNMB48の山本彩(25)が17日、大阪城ホールで行われた8周年コンサートで、個性を見つけられず号泣する白間美瑠(21)へ向けて名言を残した。

比べていいのは過去の自分と未来の自分だけ

山本にとって、卒業前の大規模ホールコンサートは、この日が最後。アンコールで、メンバーに感想を聞いていったときだった。山本彩加(16)は「これからのNMBは若手が引っ張っていきたい」と言い切り、1期生の吉田朱里(22)は、トークを仕切っていた。

山本から「美瑠」と呼ばれ、話を振られた白間は「うーん…私は何もないな~と思っていて…」と涙。白間は山本とは同期だが、年齢差から妹グループにいた。一昨年、渡辺美優紀が卒業した後、「さや姉を支える」と誓い、実際にエースとしてグループをけん引してきた。

それでも、白間自身は「さや姉にはキャプテンシーとか、アカリン(吉田)は女子力動画とか…私は何もない」と、悩みを抱え、闘っていたと吐露。涙が止まらない白間のもとに、山本が駆け寄り、肩をたたきながら「比べたらあかんよ」とささやいた。

これにも、白間は「え? だって…最近…もう…」と、まだ涙顔。すると、ここで、山本の名言が飛び出した。

白間の顔をのぞきこみ「比べたらあかんって、人と比べたらあかん。比べていいのは過去の自分と、未来の自分だけやで」。小さな声でなぐさめた山本の名言を、吉田らが拾い「何? 名言出たで」。こうはやし立てられ、山本は、今度は客席に向かって、その「名言」を繰り返していた。

Reference:山本彩、号泣の白間美瑠へ「人と比べたらあかん」

本ブログでご紹介している名言や格言は、人生をより良く生きるために必要なTサイクルの8つの要素(「自己承認」「他者承認」「自己効力感」「目的」「行動」「信念」「個人的要因」「環境的要因」)に関するものです。

“何をやっても上手くいかない”“毎日がつまらない”と感じるのは、Tサイクルがうまく回っていないのかもしれません。

Tサイクルがうまく回っていない場合、あなたの考え方(信念)や目的を実現させる方法(行動)、自分を取り巻く状況(環境的要因)など、Tサイクルのいずれかの要素に問題がある可能性がありますので、Tサイクルの8つの要素に係る名言や格言を参考にしてみて下さい。

いずれかの要素で参考になる言葉が見つかれば、それが今のあなたにとって、必要な考え方になります。その言葉を、今のあなたに取り入れることが出来れば、Tサイクルは回り始めるでしょう。

なお、Tサイクルの各要素は、ブログ記事のタグになっているので、要素ごとの名言や格言を簡単に参照することができます。

また、自分や人間関係、仕事、お金に関するお悩みをお持ちの方は、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事の悩み」「お金の悩み」タグをご参照下さい。

あなたの人生を、より良くするための言葉が見つかれば幸いです。



−−

”If it does not open, it’s not your door

ー Karen Salmansohn ”
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。預金・為替・融資業務から、銀行システムの企画開発、新卒採用活動まで幅広く従事。退職後は、中小企業向け財務コンサルティング及び金融業界志望者向け就職支援会社設立。現在は、理系ナビのキャリアアドバイザーとして、理系学生の就職やキャリアに関するアドバイスを行う。理系就活支援歴10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は1500名超。