宮川大輔「俺は絶対有名になったる。芸人としてかどうかはわからんけど、俺はなんかある。そんな思いがあった」

by宮川 大輔(お笑いタレント)

宮川は、NSC(吉本のタレント養成所)を卒業後の1991年、東京のレギュラー番組『吉本印天然素材』(日本テレビ系)への出演が決まり、順風満帆な芸人生活をスタートした。

雨上がり決死隊、ナインティナインなど、若手芸人12人による『天素』のメンバーは、ダンスもできるお笑いユニットとして活動。アイドル的な人気を誇った。

「クラブ活動の延長という感覚で、やってることは楽しかった。でも、自分のキャラがわからんし、芸人としてどうやねん、っていう思いはありました。

先輩芸人からは『アイドルみたいに踊って、なんやねん』という声が聞こえてきて。2年くらいで『天素』もあかんようになって解散。

まだ大阪に住んでたんですけど、雨上がりさんが東京へ行くことになって俺も行こうと。コンビを組んでた、ほっしゃん。(星田英利)に『東京行かへん?』って誘ったら『まだええわ』って。

だったら一人で行こうと。当時、つき合ってた彼女と一緒に上京しようと思ったんです。

で、25歳のとき、両親に『東京へ行って彼女と同棲する』と言ったら、めっちゃ怒られて。『結婚してないのになんで一緒に住むんや! あかん! 絶対許さへん』って。

じゃあ、結婚しよか、と。彼女も納得してくれて入籍。ただ、東京へ来たのはいいものの、芸人としての仕事は2カ月に1回程度でした」

生活費を稼ぐためにアルバイトを始めたが、長くは続かなかった。タクシーにガスを入れる仕事、深夜の宅配便の仕分け、ロシア料理のコックとしても働いた。

本人いわく「このころは、芸人ではなく、自称・芸人」。頭の中に、芸のことはまったくなかったが、野心だけは消えなかった。

俺は絶対有名になったる。芸人としてかどうかはわからんけど、俺はなんかある。そんな思いがあった――」

Reference:宮川大輔『イッテQ!』とことんやると決めた松本人志の言葉

本ブログでご紹介している名言や格言は、人生をより良く生きるために必要なTサイクルの8つの要素(「自己承認」「他者承認」「自己効力感」「目的」「行動」「信念」「個人的要因」「環境的要因」)に関するものです。

“何をやっても上手くいかない”“毎日がつまらない”と感じるのは、Tサイクルがうまく回っていないのかもしれません。

Tサイクルがうまく回っていない場合、あなたの考え方(信念)や目的を実現させる方法(行動)、自分を取り巻く状況(環境的要因)など、Tサイクルのいずれかの要素に問題がある可能性がありますので、Tサイクルの8つの要素に係る名言や格言を参考にしてみて下さい。

いずれかの要素で参考になる言葉が見つかれば、それが今のあなたにとって、必要な考え方になります。その言葉を、今のあなたに取り入れることが出来れば、Tサイクルは回り始めるでしょう。

なお、Tサイクルの各要素は、ブログ記事のタグになっているので、要素ごとの名言や格言を簡単に参照することができます。

また、自分や人間関係、仕事、お金に関するお悩みをお持ちの方は、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事の悩み」「お金の悩み」タグをご参照下さい。

あなたの人生を、より良くするための言葉が見つかれば幸いです。



−−

”Tell a lie once and all your truths become questionable

ー Author Unknown ”
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。預金・為替・融資業務から、銀行システムの企画開発、新卒採用活動まで幅広く従事。退職後は、中小企業向け財務コンサルティング及び金融業界志望者向け就職支援会社設立。現在は、理系ナビのキャリアアドバイザーとして、理系学生の就職やキャリアに関するアドバイスを行う。理系就活支援歴10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は1500名超。