大野萌子「現在地がわからないまま、未来を描くことはできない」

by 大野 萌子(日本メンタルアップ支援機構 代表理事)

過ぎ去った過去でもなく、見えない未来でもありません。「今」の自分に目を向けることが大切です。現在地がわからないまま、未来を描くことは決してできません。

理想や夢を描くことはある意味簡単です。しかし、現在地点を模索することは至難の業なのです。

過去の記憶は、自分の都合のいいように書き換えられると言われています。過去に何があったのかではなく、過去のことを「今」どう受け止めているのか、が大切なポイントです。

また、夢を思い描くだけでは不十分で、「今」いる場所を自覚することで、何から始めなくてはならないのかが明確になります。「今」の場所や価値観をつねに把握することが必要なのです。

つねに「今」は動いています。居場所は変わり、環境は変わり、価値観もそれに合わせて変化していきます。仕事での立場、家族構成、健康上の問題、つねに優先順位は変化するのです。

変わっているということを自分でしっかりと受け止め、柔軟に対応することが必要です。こうあるべきだったと過去の価値観に固執したり、こうしたらどうなるかと、先のことばかりを心配しないで、今の価値観を確かめましょう。

Reference:「目的」に関する成功者の言葉#5

人生をよりよく生きるために必要なTサイクルの8つの要素。今回は、そのうちの1つ、実現させたいこと(目的)に関する名言をご紹介しました。


−−

”Negative thoughts, if not resisted, soon become the only way to see the world

ー Paulo Coelho ”
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、株式会社三井住友銀行に入行。個人及び法人営業にて、海外進出支援、ビジネスマッチング、事業承継・組織再編支援、M&Aのアドバイザリー等の案件に従事した他、ストラクチャードファイナンスやシンジケートローン、資産流動化等を活用した戦略の立案実行支援、新卒採用、プロジェクトマネージャーとしてリスク管理や市場部門システムの企画開発に従事。退職後は、個人事業主として、金融業界志望者向け就職支援、及び、中小企業・個人事業主向け財務コンサルティングに従事。また、株式会社ドリームキャリアでは、理系ナビキャリアアドバイザーとして、理系に特化した就職支援・採用支援に従事。現在は、株式会社コトラにて、理系学生の就職やキャリア支援の他、金融やコンサル、IT、経営層向けの転職支援を行う。理系就活支援歴は10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は1500名超。