大平信孝「行動できるようになるための方法はたった1つです。それは、原因ではなく、目的にフォーカスすること」

by大平 信孝(アンカリング・イノベーション代表)

人が「行動しない(できない)理由」を探すのは、とても簡単です。たとえば「時間がない」「自信がない」「過去に成功事例がない」と、できない理由を思い浮かべてしまう。あるいは、「自分だけが頑張ってもどうせ無駄」「今さら改善しても、もう手遅れ」と諦めてしまい、行動しないこともあるでしょう。

行動しない理由・行動できない理由は、人それぞれ無数に挙げることができます。では、いったいどうすれば、重要なことを先延ばしせずに行動できるようになるのでしょうか? ポイントは「原因」と「目的」です。

「過去の原因は『解説』になっても、『解決』にはならないだろう」と、アルフレッド・アドラーは言いました。アドラーは、ユングやフロイトに並ぶ「心理学界の3大巨頭」の一人です。アドラー的アプローチでは「なぜダメなのか?」「どこがダメなのか?」という過去の原因追求ではなく、「本当はどうしたい?」「どうすればうまくいくのか?」という未来や目的を考えて実行していきます。

行動しない理由(原因)は無数にあります。一方で、原因の違いに関係なく、行動できるようになるための方法はたった1つです。それは、原因ではなく、目的にフォーカスすること。もし、あなたが真剣に悩んでいるにもかかわらず、問題が解決できないのなら、アドラーの目的論的アプローチを試してみると解決の糸口が見つかるはずです。

Reference:「やりたい仕事ができない」新入社員の悩みを解決するには?

本ブログでご紹介している名言や格言は、成功するために必要な8つの要素に関するものです。

8つの要素とは、自分が好きなことをやりたいと思う『自己承認』、他者に認められたいと思う『他者承認』、自分ならできると思う『自己効力感』、実現させたい『目的』、目的を実現させるための『行動』、自分が正しいと信じている『信念』、先天的資質や能力、性別などの『個人的要因』、自分を取り巻く『環境的要因』のこと(【参考記事】語録.comとは?)。

“何をやっても上手くいかない” “毎日がつまらない” “やりたいことが見つからない” “どんな仕事に向いているかわからない” と感じるのは、あなたの考え方(信念)や目的を実現させる方法(行動)、自分を取り巻く状況(環境的要因)など、いずれかの要素に問題がある可能性がありますので、8つの要素に関する名言や格言を参考にしてみて下さい。

いずれかの要素で参考になる言葉が見つかれば、それが今のあなたにとって、必要な考え方になります。その言葉を取り入れることで、成功に近づくことが出来るでしょう。

なお、各要素は、ブログ記事のタグになっているので、要素ごとの名言や格言を簡単に参照することができます。

また、自分や人間関係、仕事、お金に関するお悩みをお持ちの方は、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事の悩み」(就活生や転職をお考えの方は「就職の悩み」)「お金の悩み」タグをご参照下さい。

あなたを、成功に導く言葉が見つかれば幸いです。


−−

”I’d rather feel uncomfortable pushing for better than feel uncomfortable settling for less

ー Simon Sinek
Top Photo By BK, on Flickr

京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。理系採用に従事したことをきっかけに人材ビジネスを開始。以来、10年以上、一貫して理系に特化した就職、採用支援に携わる。理系のキャリアの魅力をより多くの人に知ってもらいたいとの想いから、理系屋(http://rikeiya.com/)を設立。理系学生の就職、採用支援に加え、中高生や保護者を対象に、理系に関するキャリア教育を行う。 【運営サイト】名言や格言によるキャリア支援サイト〜語録.com(http://career56.com/)、理系就活のプロが理系就活のお悩みを解決〜理系就活一問一答(http://rikeishukatsu-q-a.com/)、「数学は社会で、役に立つの?」を解説〜(https://ameblo.jp/rikeiya-com/)【関連書籍】「自分を活かす」進路を選ぶ! 最新理系就職ナビ(https://amzn.to/2FaJbj8)