小林トシノリ「多くの経験をしなければ何が自分らしいのかだって分からない」

by 小林 トシノリ(フリーランサー)

転職会社さんなどもよくキャッチコピーに使う「自分らしい働き方」、もちろんそれができれば理想だけど、基本的にぼくはどうでも良いと思っています。

多くの経験をしなければ何が自分らしいのかだって分からないし、何が自由なのかも分かりません。

例えば高校生の時に好きだった異性と、社会に出てから好きになる異性は全然違うハズだし、なぜなら社会に出てからの方が情報量(経験)が圧倒的に多いからです。

Tモデル思考

この言葉をTモデル(関連記事:ゆう「人生は変えられる」)で考えると、以下のようになります。Tモデル(小林トシノリ)

経験を通して、自分の考え方や価値観、想いに気付くことができます。

Reference:ミラクリ

−−

”We choose to remain blind to what we don’t want to accept.

ー Karen Salmansohn
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、株式会社三井住友銀行に入行。個人及び法人営業にて、海外進出支援、ビジネスマッチング、事業承継・組織再編支援、M&Aのアドバイザリー等の案件に従事した他、ストラクチャードファイナンスやシンジケートローン、資産流動化等を活用した戦略の立案実行支援、新卒採用、プロジェクトマネージャーとしてリスク管理や市場部門システムの企画開発に従事。退職後は、個人事業主として、金融業界志望者向け就職支援、及び、中小企業・個人事業主向け財務コンサルティングに従事。また、株式会社ドリームキャリアでは、理系ナビキャリアアドバイザーとして、理系に特化した就職支援・採用支援に従事。現在は、株式会社コトラにて、理系学生の就職やキャリア支援の他、金融やコンサル、IT、経営層向けの転職支援を行う。理系就活支援歴は10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は1500名超。