堀江貴文「好きなことを仕事にするための第一歩は、趣味にどっぷりとハマること」

by 堀江 貴文(実業家)

堀江さんが提唱する、好きなことを仕事にするための第一歩は、「まずは趣味にどっぷりとハマること」。その世界で第一人者になっている人は、周りの忠告に脇目も振らずに1つのことにのめり込んでいる人だと堀江さんは言います。「みんなバランスの取れた生活がいいと思いがちだけど、ほかのことを全部投げ出してでもいいからそれぐらいハマれることを見つけることが近道。まずはチャレンジしてみるべき」と力強い言葉を投げかけます。

ハマるものが見つかったら、次にするべきは“アウトプット”。つまり「思いを持って毎日発信することが大事」だと堀江さん。アウトプットするためには、そのことについて自分がきちんと理解していないと人に伝えることはできないと断言します。そして、「毎日やることで慣れて、それが経験になる。習慣化していけばどんどんアウトプットの質が良くなる」とも。

また、街で聞いてきた、アウトプットの仕方に悩む若者の声を堀江さんに聞いてもらったところ、「みんな“うまくいかない……”と言っているけど、1つのことにチャレンジして失敗して落ち込んでいるだけ」と叱咤します。そして、「成功している人がみんな最初からうまくいっているわけじゃない。何十回、何百回試してやっと1つか2つ当たるぐらい。とにかくやってみないことには、何がうまくいくか分からない」と鼓舞する言葉も。

Reference:ホリエモンが提唱!「好き」を仕事にする方法とは?

人生をよりよく生きるために必要なTサイクルの8つの要素。今回は、そのうちの1つ、興味や関心など、自分(自己承認)に関する名言をご紹介しました。


−−

”Happiness is not about what happens to you, but how you choose to respond to what happens

ー Karen Salmansohn ”
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、株式会社三井住友銀行に入行。個人及び法人営業にて、海外進出支援、ビジネスマッチング、事業承継・組織再編支援、M&Aのアドバイザリー等の案件に従事した他、ストラクチャードファイナンスやシンジケートローン、資産流動化等を活用した戦略の立案実行支援、新卒採用、プロジェクトマネージャーとしてリスク管理や市場部門システムの企画開発に従事。退職後は、個人事業主として、金融業界志望者向け就職支援、及び、中小企業・個人事業主向け財務コンサルティングに従事。また、株式会社ドリームキャリアでは、理系ナビキャリアアドバイザーとして、理系に特化した就職支援・採用支援に従事。現在は、株式会社コトラにて、理系学生の就職やキャリア支援の他、金融やコンサル、IT、経営層向けの転職支援を行う。理系就活支援歴は10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は1500名超。