Michael John Bobak All progress takes place outside the comfort zone

ゆう「名作のきっかけは漱石の叶わぬ恋心」

by ゆう(元銀行員・キャリアアナリスト)

僕は、人間の心の構造やメカニズムについて興味があり、そのことについて日々考えながら生活をしています。

そうした生活を送っていると、何気なく耳に入ってくる情報でも考えるヒントになります。

最近ダイエットのためランニングを始めたのですが、その際、普段聞かないラジオをあえて聞きながら走るのも、貴重な情報源になるからです。

そんなラジオから今日は、夏目漱石の代表作である『それから』『門』『こころ』が、漱石の親友の妻への叶わぬ恋心から生まれたことを知りました。

と同時に、「それって昇華だな」と思いました。

人間には、受け入れたくない現実から心を守る働きとして、防衛機制と呼ばれるメカニズムが備わっており、「昇華」はその防衛機制の1つです。

「昇華」とは、性的衝動、攻撃衝動などをそのままの形で満たすことが許されない場合に、社会的、文化的に価値ある活動に置き換えることをいうのですが、漱石の行動は、まさにこの「昇華」に該当するのです。

歴史に「もし」はありませんが、漱石の恋が「もし」成就していれば、これらの名作は生まれなかったかもしれません。

つまり、嫌なことや辛いことは、必ずしも悪いことではないのです。

Reference:キャリアカウンセラー養成講座 text2(日本マンパワー)

−−

”All progress takes place outside the comfort zone.

ー Michael John Bobak ”
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。預金・為替・融資業務から、銀行システムの企画開発、新卒採用活動まで幅広く従事。退職後は、中小企業向け財務コンサルティング及び金融業界志望者向け就職支援会社設立。現在は、理系ナビのキャリアアドバイザーとして、理系学生の就職やキャリアに関するアドバイスを行う。理系就活支援歴10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は延べ1500名超。