Joel Osteen Keep believing. You may be tired, discouraged, but don't give up on your future

ゆう「何かを達成させる為には、自分を信じることから始める」

by ゆう(元銀行員・キャリアアナリスト)

歴史に残る発明や、誰にもマネできない記録を達成したスポーツ選手、世界中の人々の記憶に残る作品を生み出した芸術家や、音楽家。

何かを達成させる為に必要なエッセンスを学ぶには、偉人たちが送ってきた人生を振り返ってみることが、一番の近道なのではないだろうか。

【イチロー、ピカソ、本田圭祐も!】 アナタはいくつ当てはまる? 幼い頃に現れる「成功者のサイン」- TABI LABO

この記事では、「常識を覆すほど負けず嫌いだった」「否定されても自分の意志を貫き通した」「ひとつのことに集中して取り組んだ」「教育が正しいかどうかを自分で判断していた」「明確な目標を持ちその為に何が必要かを計算していた」「ハングリーな精神を持っていた」「周りに理解者がいた」という8つのエッセンスが、著名人のエピソードと共に紹介されています。

共感したエッセンスがあれば、そこから始めるのもいいかもしれませんが、どうせやるなら1つずつより一度にやりたい。そんなことを考えながらエッセンスを眺めていたら、8つのエッセンスに共通点があることに気づきました。

それは「自信」です。

自分を信じているからこそ、負けるのが嫌。
自分を信じているからこそ、自分の意志を貫き通す。
自分を信じているからこそ、ひとつのことに集中できる。
自分を信じているからこそ、自分で判断する。
自分を信じているからこそ、明確な目標が立てられる。
自分を信じているからこそ、ハングリー精神が持てる(貪欲になれる)。
自分を信じてくれるからこそ、より自分を信じられる。

何かを達成するには、自分を信じることから始める必要がありそうです。

−−

”Keep believing. You may be tired, discouraged, but don’t give up on your future.
(信じ続けてください。いやになったり、落ち込むことがあっても、未来を諦めないでください)

ー Joel Osteen(牧師)
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。預金・為替・融資業務から、銀行システムの企画開発、新卒採用活動まで幅広く従事。退職後は、中小企業向け財務コンサルティング及び金融業界志望者向け就職支援会社設立。現在は、理系ナビのキャリアアドバイザーとして、理系学生の就職やキャリアに関するアドバイスを行う。理系就活支援歴10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は延べ1500名超。