佐山展生「迷ったら、10年後の自分から見る」

by佐山展生(インテグラル代表取締役)

Q.30代に突入することへの不安をどうすればいいでしょうか。

10年後を考えたら、答えは簡単です。

もしあなたが29歳なら、10年後の39歳の世界をイメージしてください。別世界ですよ。そこから自分を見たら、ものすごく若い。いくつになっても、10年後の自分から見たら、今の自分はめちゃくちゃ可能性がある。それに気がついたら、もう何歳だなんて言っている暇はありません。

私は司法試験の勉強をしたのが30歳、ニューヨークで大学に通ったのは38歳で、それぞれ最初は「この年で……」と思いました。でも、10年後に今を振り返ったら絶対に「あのときやっておけばよかった」と思うはずだということに気づきました。

迷ったら、10年後の自分から見ること。その姿勢を忘れなければ、突っ込む元気が出てきます。

Reference:【佐山展生】他人がやらないことにこそ「おもしろさ」と達成感がある

人生をよりよく生きるために必要なTサイクルの8つの要素。そのうちの3つ、「自己承認」「他者承認」「自己効力感」から、人の悩みは、大きく3つのカテゴリー、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事・お金の悩み」に分けることができます(参考記事:「人が悩む3つの要素」「人が悩む3つの要素#2」)。

例えば、「自己の悩み」とは、自分の能力や健康のこと、「人間関係の悩み」とは、教育や交友、子育てのこと、「仕事・お金の悩み」とは、キャリアや給与のこと。

今回は、「自己の悩み」に関する名言をご紹介しました。



−−

”The miracle is not to walk on water. The miracle is to walk on green earth in the present moment, to appreciate the peace and beauty that are available now

ー Thich Nhat Hanh ”
Top Photo By BK, on Flickr

就職転職コンサルタント兼『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。 京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、株式会社三井住友銀行に入行。個人及び法人営業にて、海外進出支援、ビジネスマッチング、事業承継・組織再編支援、M&Aのアドバイザリー等の案件に従事した他、ストラクチャードファイナンスやシンジケートローン、資産流動化等を活用した戦略の立案実行支援、新卒採用、プロジェクトマネージャーとしてリスク管理や市場部門システムの企画開発に従事。 退職後は、個人事業主として、金融業界志望者向け就職支援、及び、中小企業・個人事業主向け財務コンサルティングに従事。また、株式会社ドリームキャリアでは、理系ナビキャリアアドバイザーとして、理系に特化した就職支援、採用支援、書籍出版等に従事。現在は、株式会社コトラにて、理系学生の就職やキャリア支援の他、金融やコンサル、IT、経営層向けの転職支援を行う。担当領域は不動産金融、事業承継、再生エネルギー、製造。理系就活支援歴は10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は1500名超。 成功するために必要な8つの要素に関する名言集〜語録.com(http://career56.com/)、理系就活のプロが理系就活のお悩みを解決〜理系就活一問一答(http://rikeishukatsu-q-a.com/)、「自分を活かす」進路を選ぶ! 最新理系就職ナビ(https://amzn.to/2FaJbj8)