三浦崇宏「人脈なんて言葉を使っているヤツはクソ」

by三浦 崇宏(クリエイティブディレクター)

この日、取り上げたのは、webメディア「新R25」に掲載された人気クリエイティブディレクター・三浦崇宏氏のインタビュー。

人脈なんて言葉を使っているヤツはクソ」という衝撃的なタイトルのこの記事を引用し、「“人脈”とは人のことを金儲けの道具として見ているからこそ出てくる言葉だと。その人とつながっていると得をする、儲かるというさもしい考えが奥にあるからこそ使っている人もいないと言えます?」と問題提起した。(中略)

林は、現代は“損得による人脈作りがもっとも顕著な時代”であり、その大きな要因のひとつがSNSの存在だ、と指摘。

SNSによってその人物の人間関係が“可視化”され、周囲から「自分もその中に入っていきたい」と思われたり、周囲に「スゴイ人とつながったから、自分もそのレベルの人間になった」と錯覚させてしまうという。

では、どんな人間関係が理想なのか?林は、「あえて2つに生き方を分けてみました」とし、人気コミックのキャラクターを使って解説してみせた。

一つめは「ONE PIECE」の主人公・ルフィ型。

林は「ルフィは仲間に入れたい人が現れたときに損得なく声をかけますよね。仲間っていうものを大事にして損得じゃなく“一緒にやっていこう”という思いで繋がっていく」と説明。その生き方が仕事にもつながっていくのが“ルフィ型”であるとした。

冒頭で取り上げたクリエイティブディレクター・三浦氏はこの“ルフィ型”であると指摘。「この記事で三浦さんは、『無駄な人間関係なんて存在しない』というふうにおっしゃってるんです。たとえば三浦さんはどんな仕事をしてるかもよく知らない人と合コンで出会って、5年後、その相手と仕事をして成果を出した。でも、その仕事のために合コンに行ったわけではないですよね?」と解説した。

「ですが、僕はもともとルフィ型ではない。100%こっちです」と林が紹介したもう一つの生き方が、「北斗の拳」のケンシロウ型。

「僕は完全にケンシロウ型です。たった一人で戦っていく。友達はいらない。一人で考えて人として内面を高めて、堂々たる一人になっていく。その姿を見て『一緒にやりましょう』という人が現れたらそこは拒まないけれど、基本は一人で戦っていく」と、ケンシロウ型を説明した。

Reference:林修が現代人の生き方をバッサリ!理想の人間関係を「あえて2つに分けてみました」

本ブログでご紹介している名言や格言は、人生をより良く生きるために必要なTサイクルの8つの要素(「自己承認」「他者承認」「自己効力感」「目的」「行動」「信念」「個人的要因」「環境的要因」)に関するものです。

“何をやっても上手くいかない”“毎日がつまらない”と感じるのは、Tサイクルがうまく回っていないのかもしれません。

Tサイクルがうまく回っていない場合、あなたの考え方(信念)や目的を実現させる方法(行動)、自分を取り巻く状況(環境的要因)など、Tサイクルのいずれかの要素に問題がある可能性がありますので、Tサイクルの8つの要素に係る名言や格言を参考にしてみて下さい。

いずれかの要素で参考になる言葉が見つかれば、それが今のあなたにとって、必要な考え方になります。その言葉を、今のあなたに取り入れることが出来れば、Tサイクルは回り始めるでしょう。

なお、Tサイクルの各要素は、ブログ記事のタグになっているので、要素ごとの名言や格言を簡単に参照することができます。

また、自分や人間関係、仕事、お金に関するお悩みをお持ちの方は、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事の悩み」「お金の悩み」タグをご参照下さい。

あなたの人生を、より良くするための言葉が見つかれば幸いです。



−−

”we are all born so beautiful the greatest tragedy is being convinced we are not

ー rupi kaur ”
Top Photo By BK, on Flickr

京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。理系採用に従事したことをきっかけに人材ビジネスを開始。以来、10年以上、一貫して理系に特化した就職、採用支援に携わる。理系のキャリアの魅力をより多くの人に知ってもらいたいとの想いから、理系屋(http://rikeiya.com/)を設立。理系学生の就職、採用支援に加え、中高生や保護者を対象に、理系に関するキャリア教育を行う。 【運営サイト】名言や格言によるキャリア支援サイト〜語録.com(http://career56.com/)、理系就活のプロが理系就活のお悩みを解決〜理系就活一問一答(http://rikeishukatsu-q-a.com/)、「数学は社会で、役に立つの?」を解説〜(https://ameblo.jp/rikeiya-com/)【関連書籍】「自分を活かす」進路を選ぶ! 最新理系就職ナビ(https://amzn.to/2FaJbj8)