Steve Maraboli Stop trying to 'fix' yourself, you're not broken. You are perfectly imperfect and powerful beyond measure

タブタカヒロ「リーダーシップにはパパ型とママ型がある」

by タブ タカヒロ(はたらく女性のかていきょうし)

「PM理論」という有名なリーダーシップ理論があります。PMとはPerformanceのPとMaintenanceのMの頭文字。リーダーシップにはチームのパフォーマンス重視のP型と、メンテナンス、つまりチームワーク重視のM型の2つがあるという理論です。

パフォーマンスのPは男性っぽくて、チームワークのMは女性的です。「P=パパ型」「M=ママ型」と言い換えたほうががピンとくるのではないでしょうか。実は最近、リーダーシップにおいてはパフォーマンスよりモチベーションやチームワークが重要だと言われるようになりました。「M=ママ型リーダーシップ」の時代です。

パパ型リーダーシップの代表と言えば、山本五十六の「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」が有名です。頭文字をとって「YISHH」モデル。指導して自尊心を刺激する。いかにもパパ型です。

ママ型リーダーシップはちょっと違います。ママは家族に家事のお手伝いを促すのが上手。仕事も同じです。「(私できないから)やってくれる? ありがとう! 助かる!」。頭文字をとって「YAT」モデルです

メンバーは、頼りにされた、感謝された、貢献できているなど承認欲求や貢献欲求を満たされるので、自然とモチベーションが上がります。

この言葉をTモデル(関連記事:ゆう「人生は変えられる」)で考えると、以下のようになります。
キャリアモデル(パパ型ママ型)

この図から、人を動かす時には、ママ型リーダーシップは結果期待を、パパ型リーダーシップは自己効力感を重視する傾向にあるといえます。

Reference:東洋経済オンライン

−−

”Stop trying to ‘fix’ yourself, you’re not broken. You are perfectly imperfect and powerful beyond measure.

ー Steve Maraboli
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。預金・為替・融資業務から、銀行システムの企画開発、新卒採用活動まで幅広く従事。退職後は、中小企業向け財務コンサルティング及び金融業界志望者向け就職支援会社設立。現在は、理系ナビのキャリアアドバイザーとして、理系学生の就職やキャリアに関するアドバイスを行う。理系就活支援歴10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は延べ1500名超。