ヘーゲル「量が質を決め、質が良くなれば、量も増える」

byヘーゲル(哲学者)

例えば、SBI証券がネット証券で圧倒的なシェアを獲得できた要因には、ドイツの哲学者・ヘーゲルの影響があるという。

「2000年前後に、規制緩和によって、ネット証券がたくさん生まれました。その激しい競争のなかで、どんな戦略を取れば勝ち抜けるのか――。ヒントを得たのが、ヘーゲルの本にあった『量質転化の法則』でした。量が質を決め、質が良くなれば、量も増える。このことに関しては、毛沢東も『矛盾論』の中で、『量の蓄積は質を規定する』と似たようなことを述べています」

この『量質転化の法則』をネット証券会社に当てはめ、実行したのが、売買にかかる手数料を圧倒的に安くすることだった。「これでは利益が出ない」というところまで手数料を下げたという。

「その結果、多くのお客様を獲得でき、それによってサービスの質も良くなって、ますますお客様が増えるという好循環を作り出せたのです。

この『量質転化の法則』は私の事業戦略の一つの基本観であり、その後のSBIグループの経営にも影響を与えています。2018年6月より開始した仮想通貨の現物取引サービスに関しても、業界最狭水準のスプレッド(※売値と買値の差のこと)で提供しています。

古典には、永い時を経て読み継がれてきた『不変の原則』が詰まっているのです」

どうすれば会社は伸びるのか、あるいは潰れるのか。どんな人材を登用すべきか。こうした話もまた、古典にヒントがある、と北尾氏は言う。

「たとえば、中国古典を読めば、中国の王朝の歴史を通じて、どうやったら国が栄え、国が潰れるかを学べます。このような組織を運営する要諦は、今も昔も変わりありません。ビジネスパーソンなら古典に触れておかなければ損ですよ」

Reference:古典には、ビジネスのヒントがすべて書かれている!

本ブログでご紹介している名言や格言は、人生をより良く生きるために必要なTサイクルの8つの要素(「自己承認」「他者承認」「自己効力感」「目的」「行動」「信念」「個人的要因」「環境的要因」)に関するものです。

“何をやっても上手くいかない”“毎日がつまらない”と感じるのは、Tサイクルがうまく回っていないのかもしれません。

Tサイクルがうまく回っていない場合、あなたの考え方(信念)や目的を実現させる方法(行動)、自分を取り巻く状況(環境的要因)など、Tサイクルのいずれかの要素に問題がある可能性がありますので、Tサイクルの8つの要素に係る名言や格言を参考にしてみて下さい。

いずれかの要素で参考になる言葉が見つかれば、それが今のあなたにとって、必要な考え方になります。その言葉を、今のあなたに取り入れることが出来れば、Tサイクルは回り始めるでしょう。

なお、Tサイクルの各要素は、ブログ記事のタグになっているので、要素ごとの名言や格言を簡単に参照することができます。

また、自分や人間関係、仕事、お金に関するお悩みをお持ちの方は、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事の悩み」「お金の悩み」タグをご参照下さい。

あなたの人生を、より良くするための言葉が見つかれば幸いです。



−−

”Flowers grow back, even after they are stepped on. So will I. Resilience

ー Author Unknown ”
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。預金・為替・融資業務から、銀行システムの企画開発、新卒採用活動まで幅広く従事。退職後は、中小企業向け財務コンサルティング及び金融業界志望者向け就職支援会社設立。現在は、理系ナビのキャリアアドバイザーとして、理系学生の就職やキャリアに関するアドバイスを行う。理系就活支援歴10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は1500名超。