ヘザー・ランディ「子供にどんな人生を送りたいか考えさせる問いかけは、”どんな問題を解決したいか?”」

byヘザー・ランディ(Quartz at Work  編集者)

子供にどんな人生を送りたいかと考えさせるには、どんな方法が好ましいだろうか。Quartz at Work の編集者ヘザー・ランディは、元小学校教師で現在は行政部門で働いている姉妹から、代わりにこんな問いかけがあると教わった

どんな問題を解決したいか?

この問いかけは、はるかに自由な議論へと──結果として、より活気のある議論へと──子供たちを導く。彼らの価値観について、さらには、彼らが世界に前向きな変化をもたらし得るさまざまな方法について、話がふくらむだろう。一般的な仕事を通じて、ボランティアや家庭を通じて、あるいはそれ以外の方法を通じて、どのような変化をもたらすことができるだろうか。

ランディの娘のイジーは、2つの問いかけにどのように答えただろうか。母親から大きくなったら何になりたいかと質問されて、当時9歳のイジーは、肩をすくめてわからないと言った。しかし、おばから、将来どんな問題を解決したいかと質問されると、イジーは気候変動だと即答した。

「そこで私たちは、彼女がどんな方法で解決できるだろうかと話し合いました。科学者になるか、法律家になるか、それともジャーナリストになるか」と、ランディは振り返る。

子供の想像力を刺激する賢い質問だ──そして、キャリアを変えようかと考えている大人にとっても、役に立つ質問だ。

Reference:「大人になったら何になりたい?」はなぜタブーなのか

本ブログでご紹介している名言や格言は、成功するために必要な8つの要素に関するものです。

8つの要素とは、自分が好きなことをやりたいと思う『自己承認』、他者に認められたいと思う『他者承認』、自分ならできると思う『自己効力感』、実現させたい『目的』、目的を実現させるための『行動』、自分が正しいと信じている『信念』、先天的資質や能力、性別などの『個人的要因』、自分を取り巻く『環境的要因』のこと(【参考記事】語録.comとは?)。

“何をやっても上手くいかない” “毎日がつまらない” “やりたいことが見つからない” “どんな仕事に向いているかわからない” と感じるのは、あなたの考え方(信念)や目的を実現させる方法(行動)、自分を取り巻く状況(環境的要因)など、いずれかの要素に問題がある可能性がありますので、8つの要素に関する名言や格言を参考にしてみて下さい。

いずれかの要素で参考になる言葉が見つかれば、それが今のあなたにとって、必要な考え方になります。その言葉を取り入れることで、成功に近づくことが出来るでしょう。

なお、各要素は、ブログ記事のタグになっているので、要素ごとの名言や格言を簡単に参照することができます。

また、自分や人間関係、仕事、お金に関するお悩みをお持ちの方は、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事の悩み」(就活生や転職をお考えの方は「就職の悩み」)「お金の悩み」タグをご参照下さい。

あなたを、成功に導く言葉が見つかれば幸いです。




−−

”When one door of happiness closes, another opens; but often we look so long at the closed door that we do not see the one which has been opened for us(ある幸せの扉が閉じても、別の幸せの扉が開く。しかし、時として我々は閉じた扉ばかりに目を奪われ、開いた扉に気付かないことがある)

ー Helen Keller(ヘレン・ケラー)”
Top Photo By BK, on Flickr

京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。理系採用に従事したことをきっかけに人材ビジネスを開始。以来、10年以上、一貫して理系に特化した就職、採用支援に携わる。理系のキャリアの魅力をより多くの人に知ってもらいたいとの想いから、理系屋(http://rikeiya.com/)を設立。理系学生の就職、採用支援に加え、中高生や保護者を対象に、理系に関するキャリア教育を行う。 【運営サイト】名言や格言によるキャリア支援サイト〜語録.com(http://career56.com/)、理系就活のプロが理系就活のお悩みを解決〜理系就活一問一答(http://rikeishukatsu-q-a.com/)、「数学は社会で、役に立つの?」を解説〜(https://ameblo.jp/rikeiya-com/)【関連書籍】「自分を活かす」進路を選ぶ! 最新理系就職ナビ(https://amzn.to/2FaJbj8)