スティーブ・ジョブズ「何をしてきたかと同じくらい、何をしてこなかったかを誇りたい」

by スティーブ・ジョブズ(アップル 創業者)

投資部のキャプテン・神代(かみしろ)は、体を鍛えるために毎日夕方、テニスの壁打ちを日課にしています。この「壁打ちしかしていない」はずの神代が、テニス部の部員・林に試合を申し込み、ワンセットマッチで勝利を収めました。

負けた林はすっかり自信を失い、「テニスをやめる」と言い出します。困ったテニス部のキャプテンが、神代にそのことを告げに行くと、神代は林に向かって「どうして自分は負けたのだと思う?」と尋ねます。神代の答えは「君は何でもかんでもやろうとしすぎた」というものでした。

「スティーブ・ジョブズはかつてこう言っている。何をしてきたかと同じくらい、何をしてこなかったかを誇りたい』と。すべてのプレーでうまくやろうとしすぎれば、かえって中途半端でミスだらけのプレーヤーになってしまう。それよりは『このプレーだけは絶対に負けない』というものをひとつ見つけることだ」という神代の言葉に、林もようやく思い直すのでした。

神代の言った「あれもこれもとやることを増やしてしまう時というのは、決断できていない時だ」という言葉には、私も大いに頷くところがあります。例えば事例にも挙がっているアップルの創業者、スティーブ・ジョブズ氏は“やることを減らす”達人でした。

アップルは今に至るまで、時価総額で世界のトップを走る大企業ですが、それだけ規模の大きなメーカーでありながら、「扱っている製品が他の企業に比べて圧倒的に少ない」という特徴があります。ジョブズ氏は自分の会社を1度追い出され、戻ってきてみると、同社には40種類もの製品がありました。氏はそこから徹底的な取捨選択を行い、最終的には自社商品を2種類のノートパソコンと2種類のデスクトップに集約させました。

ジョブズ氏の復帰後アップルは、ヒット商品を重ねる快進撃を始めます。氏は生前、「何かを捨てなければ前に進むことはできない」という言葉を残しています。このように、「何をするのか?」ということ以上に、「何をしないか?」を決めるのは重要なことなのです。

Reference:中途半端な「結果」は、出したくない!ならば、“減らす達人”を目指せ――マンガ『インベスターZ』に学ぶビジネス

本ブログでご紹介している名言や格言は、人生をより良く生きるために必要なTサイクルの8つの要素(「自己承認」「他者承認」「自己効力感」「目的」「行動」「信念」「個人的要因」「環境的要因」)に関するものです。

“何をやっても上手くいかない”“毎日がつまらない”と感じるのは、Tサイクルがうまく回っていないのかもしれません。

Tサイクルがうまく回っていない場合、あなたの考え方(信念)や目的を実現させる方法(行動)、自分を取り巻く状況(環境的要因)など、Tサイクルのいずれかの要素に問題がある可能性がありますので、Tサイクルの8つの要素に係る名言や格言を参考にしてみて下さい。

いずれかの要素で参考になる言葉が見つかれば、それが今のあなたにとって、必要な考え方になります。その言葉を、今のあなたに取り入れることが出来れば、Tサイクルは回り始めるでしょう。

なお、Tサイクルの各要素は、ブログ記事のタグになっているので、要素ごとの名言や格言を簡単に参照することができます。

また、自分や人間関係、仕事、お金に関するお悩みをお持ちの方は、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事の悩み」「お金の悩み」タグをご参照下さい。

あなたの人生を、より良くするための言葉が見つかれば幸いです。



−−

”In order to awaken to your best life, every day should be lived as if it were your last day on the planet

ー Robin Sharma ”
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、株式会社三井住友銀行に入行。個人及び法人営業にて、海外進出支援、ビジネスマッチング、事業承継・組織再編支援、M&Aのアドバイザリー等の案件に従事した他、ストラクチャードファイナンスやシンジケートローン、資産流動化等を活用した戦略の立案実行支援、新卒採用、プロジェクトマネージャーとしてリスク管理や市場部門システムの企画開発に従事。退職後は、個人事業主として、金融業界志望者向け就職支援、及び、中小企業・個人事業主向け財務コンサルティングに従事。また、株式会社ドリームキャリアでは、理系ナビキャリアアドバイザーとして、理系に特化した就職支援・採用支援に従事。現在は、株式会社コトラにて、理系学生の就職やキャリア支援の他、金融やコンサル、IT、経営層向けの転職支援を行う。理系就活支援歴は10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は1500名超。