ジェフ・ベゾス「大きなリスクを取って、失敗する準備をせよ」

byジェフ・ベゾス(アマゾン 創業者)

ジェフ・ベゾスはビジネスをスタートさせたばかりの起業家たちにメッセージを送った。

大きなリスクを取って失敗する準備をせよ、と。

ベゾスは6月6日(現地時間)、ラスベガスで開催したアマゾンのカンファレンス「Re:Mars」で、ビジネスを始めようとしている人へ向けてのアドバイスを求められて、そう語った。

「リスクを取ろう。リスクを敢えて取るようにしなければならない。もしあなたがノーリスクのビジネスアイデアを持っているなら、それはおそらく、もうどこかで誰かがやっている」とアマゾンの記録によると、ベゾスはそう述べた。

「うまくいかなそうなことにチャレンジしなければならない。いろいろな意味で実験になる」

実験の多くは失敗するだろう。だが「大きな失敗」は成功に不可欠と同氏は語った。

「我々はいつもリスクを取っている、失敗について話をしている。大きな変化をもたらすためには、大きな失敗が必要。失敗しなければ、大きく動くことはできない。激しく動かなければならない。そして失敗する。だが、それでいい」

ベゾスは1995年にわずか10人あまりでアマゾンを創業。今では約8600億ドル(約95兆円)という世界トップクラスの時価総額を誇る企業に育てた。

リスクと失敗に加えて、こう語った。

起業家は情熱的でなければならない。

「あなたは、情熱的な人たちと競争することになる」

なによりも、起業家は「顧客第一」でなければならないとベゾス。

「一番大切なことは、顧客第一であること。だが顧客を満足させてはいけない、絶対に喜ばせるのだ」

Reference:ジェフ・ベゾス、起業家へのちょっと恐ろしいアドバイス

本ブログでご紹介している名言や格言は、成功するために必要な8つの要素に関するものです。

8つの要素とは、自分が好きなことをやりたいと思う『自己承認』、他者に認められたいと思う『他者承認』、自分ならできると思う『自己効力感』、実現させたい『目的』、目的を実現させるための『行動』、自分が正しいと信じている『信念』、先天的資質や能力、性別などの『個人的要因』、自分を取り巻く『環境的要因』のこと(【参考記事】語録.comとは?)。

“何をやっても上手くいかない” “毎日がつまらない” “やりたいことが見つからない” “どんな仕事に向いているかわからない” と感じるのは、あなたの考え方(信念)や目的を実現させる方法(行動)、自分を取り巻く状況(環境的要因)など、いずれかの要素に問題がある可能性がありますので、8つの要素に関する名言や格言を参考にしてみて下さい。

いずれかの要素で参考になる言葉が見つかれば、それが今のあなたにとって、必要な考え方になります。その言葉を取り入れることで、成功に近づくことが出来るでしょう。

なお、各要素は、ブログ記事のタグになっているので、要素ごとの名言や格言を簡単に参照することができます。

また、自分や人間関係、仕事、お金に関するお悩みをお持ちの方は、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事の悩み」(就活生や転職をお考えの方は「就職の悩み」)「お金の悩み」タグをご参照下さい。

あなたを、成功に導く言葉が見つかれば幸いです。




−−

”Letting go of inner resistance, you often find circumstances change for the better.

ー Eckhart Tolle
Top Photo By BK, on Flickr

京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。理系採用に従事したことをきっかけに人材ビジネスを開始。以来、10年以上、一貫して理系に特化した就職、採用支援に携わる。理系のキャリアの魅力をより多くの人に知ってもらいたいとの想いから、理系屋(http://rikeiya.com/)を設立。理系学生の就職、採用支援に加え、中高生や保護者を対象に、理系に関するキャリア教育を行う。 【運営サイト】名言や格言によるキャリア支援サイト〜語録.com(http://career56.com/)、理系就活のプロが理系就活のお悩みを解決〜理系就活一問一答(http://rikeishukatsu-q-a.com/)、「数学は社会で、役に立つの?」を解説〜(https://ameblo.jp/rikeiya-com/)【関連書籍】「自分を活かす」進路を選ぶ! 最新理系就職ナビ(https://amzn.to/2FaJbj8)