イーロン・マスク「高速学習の秘訣は、知識を一本の木に見立てること」

by イーロン・マスク(スペースX 創業者)

アインシュタインは全時代を代表する天才のひとりかもしれない。ファインマンはノーベル賞を受賞した。だが、学習の多様さに関して言えば、マスクはこの2人の偉大な物理学者に勝るかもしれない。

何と言っても彼は、世界を変えるオンライン決済企業を立ち上げ、自動車産業に大変革をもたらし、次の十年で人類の火星到達が実現するという夢を見るよう世界にけしかけた人物なのだ。つまり彼は、信じられないほどに幅広い知識を持っている。

彼はいったいどうやって、これほどさまざまな分野について、これほど多くのことを学んだのだろうか。まさにこの質問がRedditのAMA(〇〇だけど何か質問ある?)に投稿され、マスクは快く次のように説明した。

まず彼は、学ぶ人々に向けて自信を持つように言った。「たいていの人は、自分が思っているよりもずっと多くのことを学ぶ力を持っている」と彼は主張した。そして次に、学習をスピードアップするための具体的な方法を披露した。

「知識を一種のセマンティックツリー(意味的な木)に見立てることが大切だ。基本原則、すなわち幹や大きな枝をまず理解する。細部である葉にとりかかるのはそのあとだ。そうでなければ、これらの葉はどこにもぶら下がれなくなってしまうからね」

Reference:「仕事・お金の悩み」に関する成功者の言葉#3

人生をよりよく生きるために必要なTサイクルの8つの要素。そのうちの3つ、「自己承認」「他者承認」「自己効力感」から、人の悩みは、大きく3つのカテゴリー、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事・お金の悩み」に分けることができます(参考記事:「人が悩む3つの要素」「人が悩む3つの要素#2」)。

例えば、「自己の悩み」とは、自分の能力や健康のこと、「人間関係の悩み」とは、教育や交友、子育てのこと、「仕事・お金の悩み」とは、キャリアや給与のこと。

今回は、「仕事・お金の悩み」に関する名言をご紹介しました。



−−

”I dream my painting, and then I paint my dream

ー Vincent van Gogh ”
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、株式会社三井住友銀行に入行。個人及び法人営業にて、海外進出支援、ビジネスマッチング、事業承継・組織再編支援、M&Aのアドバイザリー等の案件に従事した他、ストラクチャードファイナンスやシンジケートローン、資産流動化等を活用した戦略の立案実行支援、新卒採用、プロジェクトマネージャーとしてリスク管理や市場部門システムの企画開発に従事。退職後は、個人事業主として、金融業界志望者向け就職支援、及び、中小企業・個人事業主向け財務コンサルティングに従事。また、株式会社ドリームキャリアでは、理系ナビキャリアアドバイザーとして、理系に特化した就職支援・採用支援に従事。現在は、株式会社コトラにて、理系学生の就職やキャリア支援の他、金融やコンサル、IT、経営層向けの転職支援を行う。理系就活支援歴は10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は1500名超。