みやぞん「成功のイメージを作るには、いったんやめちゃって、大丈夫、大丈夫という気持ちで、楽しむことが大事」

byみやぞん(お笑い芸人)

――「イッタっきり」では、ちょっとやそっとじゃできない技をマスターするまで日本に帰れません。練習を続けても結果が出ない時、みやぞんさんが「休日」をとり、次の日に高い確率で成功していることに気づきました。なにか、秘訣みたいなものがあるのですか?

あるとき、気づいたんです。意識して「休み」を取った方が良いって。ぼく、がんばりすぎちゃうところがあるんです。「イッタっきり」では、短期間でプロフェッショナルな技に習熟しなくてはなりません。繰り返し同じ技を練習していると体が痛くなったり、感覚が分からなくなってきたりするんです。そうすると、いざ本番に技を披露しなくちゃいけないときに、実力が出せなくなってしまう。そんな時こそ、ベストなコンディションに持っていくために、意識して「休日」をつくります。リフレッシュしてから、再チャレンジすると、なぜかできてしまうことが多い。そう、「やらない勇気」が必要なんです。

思うんですけど、人間って努力とかがんばるとか、大好きですよね。とくに日本人は。でもぼくは正反対のタイプです。できるって思い込んで成功を引き寄せていく感じなんです。だから、もちろん努力はしますけど、練習でつらいとか苦しいとか感じるときは、それは神様がやり方が間違っていると教えてくれていると思うことにしています。何でもうまく行くときって、良い風がスムーズに吹きますよね。逆に、「くそっくそっ、できない」ってやっていると負の連鎖になってしまう。成功のイメージを作るには、いったんやめちゃって、大丈夫、大丈夫という気持ちで、楽しむことが大事だと思うんです。これも、逆に勇気がいることですけど。

Reference:成功のイメージを作るために、休む みやぞんが「イッテQ」で体得した「休みの哲学」

本ブログでご紹介している名言や格言は、人生をより良く生きるために必要なTサイクルの8つの要素(「自己承認」「他者承認」「自己効力感」「目的」「行動」「信念」「個人的要因」「環境的要因」)に関するものです。

“何をやっても上手くいかない”“毎日がつまらない”と感じるのは、Tサイクルがうまく回っていないのかもしれません。

Tサイクルがうまく回っていない場合、あなたの考え方(信念)や目的を実現させる方法(行動)、自分を取り巻く状況(環境的要因)など、Tサイクルのいずれかの要素に問題がある可能性がありますので、Tサイクルの8つの要素に係る名言や格言を参考にしてみて下さい。

いずれかの要素で参考になる言葉が見つかれば、それが今のあなたにとって、必要な考え方になります。その言葉を、今のあなたに取り入れることが出来れば、Tサイクルは回り始めるでしょう。

なお、Tサイクルの各要素は、ブログ記事のタグになっているので、要素ごとの名言や格言を簡単に参照することができます。

また、自分や人間関係、仕事、お金に関するお悩みをお持ちの方は、「自己の悩み」「人間関係の悩み」「仕事の悩み」「お金の悩み」タグをご参照下さい。

あなたの人生を、より良くするための言葉が見つかれば幸いです。



−−

”Do not doubt that your good actions will bear fruit, and that change for the better can be born from your life

ー Jack Kornfield ”
Top Photo By BK, on Flickr

『語録.com』『理系就活一問一答』開設者兼管理人。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、株式会社三井住友銀行に入行。個人及び法人営業にて、海外進出支援、ビジネスマッチング、事業承継・組織再編支援、M&Aのアドバイザリー等の案件に従事した他、ストラクチャードファイナンスやシンジケートローン、資産流動化等を活用した戦略の立案実行支援、新卒採用、プロジェクトマネージャーとしてリスク管理や市場部門システムの企画開発に従事。退職後は、個人事業主として、金融業界志望者向け就職支援、及び、中小企業・個人事業主向け財務コンサルティングに従事。また、株式会社ドリームキャリアでは、理系ナビキャリアアドバイザーとして、理系に特化した就職支援・採用支援に従事。現在は、株式会社コトラにて、理系学生の就職やキャリア支援の他、金融やコンサル、IT、経営層向けの転職支援を行う。理系就活支援歴は10年。大学講演含め、就活セミナー開催実績100回以上。支援学生数は1500名超。